旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

ご紹介

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0098

シシィの足跡を辿る!ウィーンでシシィ縁の3つの宮殿を訪れよう』です。

現在海外自粛中です。
海外はもちろん近所も自粛中で、毎日家の掃除をしております。

今回は2018年に訪れたウィーンにあるシシィことエリザベートの縁の宮殿に思いを馳せて。
ウィーンでは特に意識をしたわけではないですが、宮殿は全てシシィ縁の宮殿でした。
まぁ、オーストリアといえばハプスブルク家だから、基本そうなるのですが…。

まずウィーンの中心地にあるホーフブルク宮殿。
ココにはシシィ博物館があり、シシィの生涯がわかります。
シシィの私生活はもちろんですが、旅好きだったシシィが乗った列車や、暗殺に使われたヤスリ等興味深い展示があります。

次に世界遺産でもはるシェーンブルン宮殿。
ここにもシシィの私生活がわかる部屋が公開されています。
ちょっとホーフブルク宮殿とかぶるところもありますが、より詳しくシシィについて知ることができます。
また、ココは庭園がすごく広くて綺麗なので、ゆっくり散策するのもオススメです。

先後にシシィが晩年を過ごしたヘルメスヴィラ。
こちらは現在ラインツ動物庭園の中にあり、ココはウィーンの森の一部でもあります。
ラインツ動物庭園から入って15分くらい歩くと、突如森の中に現れる可愛らしい宮殿です。
ココは3月~10月までしか開いていないので、この期間に訪れた方は是非ココもお忘れなく!

近いうちにまたウィーンに行ける日を願って。
旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0206

絶景!グアテマラ・アンティグアの街が見渡せる定番&穴場スポット』です。

現在海外自粛中です。
海外というよりも近所も自粛中です。
会社も7割の出社を減らすということで、しばらくは自宅待機です。
2週間以上の自宅待機。
どこかに出かけることができたら最高なんですが、どこかに行くことも誰かに会うこともできないので…。

今回は平和だった12月のグアテマラを思い返してみて記事にしてみました。
グアテマラのアンティグアの街が見渡せる絶景スポットについてです。

アンティグアの街が見渡せる絶景スポットとして、ガイドブックにも必ず載っているスポットが「十字架の丘」。
中央公園からゆっくり歩いて30分弱。
昔は治安がよくなかったらしいですが、今はお昼間はかなり安全。
ここからは綺麗な碁盤の目のアンティグアの街が見渡せます。
街との距離も近いので、教会やたくさんの家、石畳の道をはっきり見ることができて、まるでミニチュアの世界にいるようです。
晴れた日には街の後ろにキレイなアグア火山を見ることができます。

穴場スポットは日本人の方がほぼ行っていないんじゃないか、って思うくらい穴場。
アンティグアのお土産Nim Po'tからシャトルバスを利用していく「サンクリストバル・エルアルト」の街。
シャトル代は10ケツァール必要ですが。
Nim Po'tからサンクリストバル・エルアルトのCERROというレストランまで直行してくれます。
このCERROからの景色が最高!
美味しいビールや自家栽培の野菜等を使った食事を楽しみながら、素晴らしい風景が楽しめます。

時間があればサンクリストバル・エルアルトの街の散策もオススメ。
とってものんびりとした街で、ゆったりと時間が流れています。
アンティグアで見ることができなかった、公共洗濯場を利用している人もたくさんいた!

グアテマラは日本からはとても遠いけど、日本では見ることができないたくさんの素晴らしい景色がいっぱい。
コロナが落ち着いたら、是非一度はグアテマラに行ってみて下さい。
グアテマラに訪れたらこの景色をお忘れなく!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0531

チェコ・プラハ観光のハイライト!世界最古で最大の「プラハ城」』です。

現在海外自粛中です。
思えばもう3ヵ月も出かけていません。
次に行けるのはいつになるのでしょうか…。
そして緊急事態宣言で国内はもちろん、近所も行けません。
ということで、夏のチェコ・プラハ城へ思いを馳せてみました。

正直プラハは人が多すぎてあまり好きにはなれませんでした。
他の都市がよすぎたのもありますが。
でもプラハで見ておかなきゃと思ったのがこのプラハ城。

大都市の見どころは豪華で素晴らしい建築物だと思うんです。
もちろんこのプラハ城も素晴らしかった。
特に聖ヴィート大聖堂は大きさ高さはもちろん、内装やステンドグラスも素晴らしかった。
なかなか地方では(古都以外)この豪華さは出せません。

聖ヴィート大聖堂の他にもプラハで2番目に古い聖イジー教会や、現在はお買い物も楽しめる黄金小路等見どころもたくさんあります。
別チケットで入った聖ヴィート大聖堂の南塔からの景色はとても素晴らしい。
別チケットを買わなくても無料エリアでも見晴らしのいい場所が多数あります。

今度海外に行けるのはいつになりすでしょうかね…。
コロナが落ち着いてチェコを訪れることがあれば、プラハ城はお忘れなく!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0461

神戸観光で夜景は外せない!ロマンティックな夜景スポット5選』です。

現在海外自粛中です。

今回の神戸観光の紹介は夜景。
神戸の有名な観光の1つとして夜景があります。
中心部の三宮からアクセスのよい夜景スポットをご紹介します。

まずは日本三大夜景の1つ掬星台(きくせいだい)。
掬星台へはバス、ケーブルカー、ロープウェイと乗り継いで行きますが、ほぼ歩かなくていいのでラクラク移動できます。
所要時間も1時間程。
この掬星台の夜景の見どころは、街のライトが星みたいに見えること。
その星(街)を手で掬いたくなるようなキレイさから掬星台と名付けられたとか。
実は初めて行きましたが、他の夜景とはまた違った美しさがあります。

そしてお手軽に神戸の夜の街を見渡せるスポットとしてヴィーナスブリッジと神戸市役所の展望ブリッジがあります。
ヴィーナスブリッジはデートスポットでも人気で、間近に神戸の夜景が見渡せるのがポイント。
穴場は市役所の24階にある展望ブリッジ。
海と山のキレイな夜景がロマンチックです。

神戸らしい夜景と言えばベイエリア。
グルメやショッピングも楽しめるハーバーランドでは神戸のシンボルポートタワーや、モザイクの観覧車が絵になる風景。
写真映えスポットとしてはメリケンパーク。
ココは面白いオブジェもあり、夜景以外にも楽しめます。
また、旧居留地では異国情緒漂う街歩きを楽しみながら、レトロモダンのライトアップされた街並みが楽しめます。

神戸に住んでいると、わざわざ夜景を見に行こう!とはなかなかならないのですが、改めて見るとやっぱりキレイで、神戸に観光に訪れた方も満足の夜景と思います!
是非神戸に訪れた際は夜景を楽しんでください。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0115

絶景の連続!神戸・再度山で楽しむ「布引の滝」と「布引貯水池」』です。

現在海外自粛中です。
そのため地元神戸や関西にスポットをあてて、みなさんが神戸や関西の街に来たいなぁと思っていただけるような記事を書くことにしました。

まず第一弾として、新神戸駅から近い「布引の滝」と「布引貯水池」の紹介記事を書いてみました。

布引の滝は家からも近いのですが、実は行ったことがなかったのです。
調べてみると日本の滝100選にも選ばれており、古くは平安時代から親しまれている場所だとか。
そして新神戸からも近いというお手軽スポット。

布引の滝は1つだと思っていたら実は4つの滝の総称で、その中でも「雄滝(おんたき)」と呼ばれる滝はダイナミックな迫力!
お手軽絶景を味わえます。
途中にある絶景スポットのみはらし展望台では神戸の街並みや海を一望できる。
新神戸から30分もかからない場所で、しかも無料で楽しめる隠れスポットです。

また、布引貯水池は重要文化財にも指定されている、神戸の水!
このダムは明治時代に造られたものが今も現役!
当時の最新技術で造られたダムは、現在は文化的にも技術的にも価値のあるものです。

ゆっくり写真を撮りながらでも1時間もあれば布引の滝と布引貯水池まで行くことができるので、朝の散歩にもオススメ。
是非神戸でお手軽絶景を楽しんでみて下さい!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ろき

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード