旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

ご紹介

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0811

異国情緒と素敵な景色!厦門「コロンス島」は世界遺産の小さな島』です。

年末年始に訪れた厦門の記事です。

厦門の一番の見どころはコロンス島。
コロンス島厦門島からすぐ近くの島ですが交通手段はフェリーのみ。
そして島内は車やバイクの乗り入れ禁止のゆったりと過ごせる島です。

コロンス島は高層ビルが建ち並ぶ厦門島とは対照的に、昔ながらの建物が多く残る街。
アヘン戦争後、各国が共同で行政権を持つ共同租界が置かれたことから、コロニアルな建物も多く残り、異国情緒たっぷり!

コロンス島には様々な観光名所がありますが、一番のオススメは日光岩。
日光岩はコロンス島の真ん中に位置し、この岩の一番上からはコロンス島の素朴な街並みと対岸の厦門の高層ビルが見渡せるベストスポット。
オススメは夏は18時以降、冬は17時半以降。
何故なら入場料が半額になるので!
私は他の観光場所を回っていてたまたま遅くなったのですが、夕暮れとライトアップも見れて一石二鳥。
そして入場料が半額で一石三鳥!

コロンス島ではいろいろグルメも楽しめ、どれも美味しかった!

今は新型肺炎のコロナウイルスがありますが、収束したら是非訪れてみて下さい。
冬でも温かくオススメです。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0400

マヤ遺跡の謎に迫る!グアテマラ「ティカル遺跡」を徹底解説』です。

12月に訪れたグアテマラのティカル遺跡の記事です。

私が遺跡好きだからというのもあるのですが、遺跡って無知の状態で行くのと、ある程度調べて行くのでは、全然面白さが違うんです。
今回あまり時間がなかったのですが、ガイドブックやネットを使って、ティカル遺跡に辿り着くまでに調べました。

ティカルはマヤ遺跡の中でも最大規模の遺跡で、グランプラザと呼ばれる大きな広場を中心に、神殿群、住居跡のアクロポリスがあります。
これらはティカルが最も栄えた7世紀頃に造られたものですが、少し離れた場所にロストワールドと呼ばれる古い遺跡も残っています。

マヤの都市は中米全体にたくさんの都市がありましたが9世紀には何故か一斉に消えてしまう。
その謎は今も包まれたまま。

神殿の中には登れるものもあり、特に最大の見どころでもあるⅣ号神殿は必見。
ココはスターウォーズの映画にも出てきた場所です。
ジャングルの中に長い間眠っていた都市を肌で感じることができます。

この遺跡は一度は行ってほしい場所。
是非その時はこの記事を参考にしてくださいね!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0645

グアテマラにこんな綺麗な湖が!アティトラン湖畔の街巡り』です。

先月訪れたグアテマラのアティトラン湖と湖畔の村の記事です。

グアテマラってほんとーに見どころが多い!
ココも絶対行きたかったところで、チチカステナンゴの帰りに一番栄えているパナハッチェルで1泊しました。

このアティトラン湖ですが、世界で一番美しい湖とも呼ばれ、グアテマラではマストな観光地。
実際とっても青い湖がとっても綺麗でした。
このアティトラン湖はすごく大きくて、周りに村がたくさんあるのですが、それぞれの村で雰囲気や民族衣装等も変わって面白い。
全てにおいてコレ!といった見どころはないのですが、何もしない贅沢というのでしょうか。
とにかくぼーっと過ごすのがよかった。

訪れたのはパナハッチェルとサンペドロ・ラ・ラグーナ、サンファン・ラ・ラグーナの3つ。
パナハッチェルはホテルやカフェ、雑貨等も多く湖畔の中では一番栄えています。
ココから見るサンセットが絶景でした~。
対岸(といってもボートで30分)のサンペドロ・ラ・ラグーナは旅人が多く集まる村。
村はのんびりとした時間が流れており、カフェでお茶するのがとっても居心地がいいの。
サンペドロ・ラ・ラグーナからトゥクトゥクで15分くらいのサンファン・ラ・ラグーナは染織物が有名で、素材にこだわった高品質の雑貨が魅力。

行きたい島を絞っていくのもあり、3~4カ所を巡るボートツアーに乗るのもよし。
とにかくグアテマラに行ったらココにも寄ってくださいね!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0335

まるでモーゼの海割り?海から道が現れる!台湾・金門「建功嶼」』です。

年末年始に訪れた台湾の金門島にある建功嶼の記事です。
台湾の金門島は台湾の離島であり、台北からは飛行機で1時間程度、厦門からは船で30分程度の場所にある小さな島。

ココに干潮の時だけ行くことができる建功嶼という小さな島があります。
いつもは海の中にポツリと浮かぶ建功嶼ですが、潮が引くと道が現れ、建功嶼に渡ることができます。
その様子は台湾版のモーゼの海割りと呼ばれているほどHOTなスポット。

実際満潮時と干潮時の2回訪れましたが、満潮時は穏やかな海に浮かぶ小島という印象ですが、干潮時には道が開けています。
干潮時には、満潮時には見ることができない、軌條砦や牡蠣の養殖、砂浜の波の跡等、たくさんの興味をそそるものが顔を出します。

また、この金門島は中台戦争の金門砲戦があった場所。
こんな小さな小島にも戦争時の施設が残っています。

金門の中心金城からはバスも出ていますが1時間に1本で本数が少ないので、電動バイクか自転車で訪れるのが便利です。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0546

お土産も!グアテマラ「チチカステナンゴ」でカラフルな街歩き』です。

先月訪れたグアテマラのチチカステナンゴの記事です。
アンティグアからバスで3時間程の場所にあるチチカステナンゴは、とってもカラフルな街。
木曜と日曜にはマーケットが開かれ、グアテマラの色鮮やかで可愛い雑貨に埋め尽くされます。

狭い道にたくさんのグアテマラ雑貨が溢れ、ついついアレコレ買ってしまっちゃうほど。
実際、最近はあまり海外でお土産を買わなくなった私も色々買っちゃいましたw
他の都市にも同じような雑貨は売っているけど、チチカステナンゴのマーケットは安くて種類も豊富!
お土産探しに最適です。

またマーケットから徒歩5分程の場所にあるお墓にも注目!
こちらもとってもカラフルで日本とのお墓の違いにびっくり!

アンティグアから日帰りも可能なので是非訪れてみて下さい。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ろき

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード