旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

ご紹介

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0972

仏教の聖地!スリランカの古都「ポロンナルワ」で見る仏教の繁栄』です。

現在海外自粛中です。
本来ならGWにマレーシア発券の残りを使ってマレーシア経由でスリランカに行こうと思っていました。
ということで、3年半ほど前に訪れたスリランカを懐かしく思い書いてみました。

この時初スリランカだったため、ベタにコロンボからダンブッラ、ポロンナルワ、シーギリヤ、キャンディ、コロンボと周りました。
GWにはゴールに行きたかったんですよね。
その時周った中でポロンナルワの遺跡が広大でとてもよかった!
仏教遺跡ってローマ遺跡に比べて私的には魅力が低かったのですが、この時仏教遺跡ってスゴイ!と思った遺跡の1つ。

もともとスリランカはシンハラ王朝として王権国家だったんですね。
で、その歴史は1815年までなんと約2300年の歴史。
もともとはアヌターブラというところに首都があったのですが、侵攻にあいポロンナルワに遷都されたのが11世紀。
この記事を書いていてアヌターブラにも行きたいと思った。
この時何故外したんだろうか…?

13世紀半にまたまた侵攻されるまで、このポロンナルワが首都なのですが、最も栄えたのが12世紀。
この頃は漑農業による米の生産能力アップと数多くの仏教寺院建築によって、海外からも僧侶が訪れるほどの仏教先進国。
かなり広い遺跡ですが、ここも20世紀に発見されるまで長い間ジャングルの中で眠っておりました。

このポロンナルワ遺跡、徒歩では絶対ムリくらい広くて、私は宿で自転車を借りて見学。
大きく分けて、宮殿跡、クワドラングル、ランティラカ、ガル・ヴィハーラが見どころかな。
もちろん他にもあり、一応全部見て回ったと思いますが、約5時間程かかりました。
めっちゃ暑くてやばかった記憶がある。
どれも素晴らしい造りで、このポロンナルワではかなり仏教国として繁栄していたのがよくわかります。
特にガル・ヴィハーラの一枚岩の巨大石像は必見。
正直ココで仏教遺跡の見方が変わったといっても過言ではない程素晴らしかった。

次にスリランカに行けるのはいつになるのか…。
でもスリランカの遺跡群はめちゃくちゃ素晴らしいので、是非一度は訪れてみて下さい!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0197

マレーシア・イポーに幽霊古城が?謎多き城「ケリーズキャッスル」』です。

現在海外自粛中です。
今回は3年前のマレーシアのイポーに行った時に立ち寄ったケリーズキャッスルの記事です。

イポーは食の都市ということで、マレーシアの食の美味しさを発見した都市。
それまでは、そこまでマレーシア料理って好きでもなかったんですよね。
で、ココに来てめちゃくちゃマレーシア料理って美味しいやんって思ったんです。

でもイポーって観光というより食の街で。
そこまでコレっていう観光名所がなかったんですが。
幽霊古城があるってことで行ってみました。

このケリーズキャッスルはマレーシアでも幽霊スポットとしても有名。
もともとスコットランド人のゴム農園主ケリー氏の邸宅として建築されていたこのお城ですが。
建築途中にケリー氏が亡くなったため工事はストップ、そのまま廃墟に。
完成したらとっても素晴らしい邸宅だと思うのですが、とても残念です。
で、このケリーズキャッスルにはそのケリー氏の出没スポットになっているというわけです。
私は霊感がないので全然感じませんでしたが。

その他にも工事途中にたくさんの労働者が亡くなったり。
秘密のトンネルがあったり、と。
真偽はわかりませんが、なかなか興味深い場所です。

ココは映画アンナと王様、セカンド・バージンのロケ地にもなった場所。
なので特に日本から来る旅行者も多いとか。

イポーを訪れたら是非是非ココも行ってみて下さい。
そういえば、マレーシア発券の帰り(東京→クアラルンプール)の航空券が残っているんですが…。
近いうちにマレーシアに行けるでしょうか…。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0568

古代の暮らしを知る!ローマ近郊「オスティア・アンティカ」で古代散歩』です。

現在海外自粛中です。
自宅待機中なので、基本家の掃除をしております。

ということで、今回は3年前のイタリアで立ち寄ったオスティア・アンティカの記事です。
この時はイタリア中部から北上していったので、遺跡はココのみ。
中部以降北ってあまり遺跡がないんですよねー。

ココはローマからも近く、かなりよかった!
ローマ遺跡と言えばポンペイを思い浮かべる人が多いと思いますが、このオスティア・アンティカも同時期に造られてた都市。
街が亡くなった原因はローマ帝国の衰退とされており、全ローマ帝国の時代を見てきた都市でもあります。

ココはローマからも近く、古代では海のすぐそばにあったため貿易の重要都市として街は発展していきました。
最盛期で5万人もの人口を誇ったオスティア・アンティカは実は70ha程の街。
70haと言われてもよくわからないですよね。
東京ディズニーランドの約1.4倍程の街だったんです。
そこに5万人ってかなりの密集度。
そのため多くの住民はインスラと呼ばれる高層賃貸マンションに住んでいたんです。
高層?と思われるかもしれませんが、7階建てくらいはあったそうで、かなりの高度な技術があったと思われます。

街にはパン屋の他にも魚屋やファストフード的な飲食店等の商店から、劇場、神殿、浴場とかなりの発展都市。
浴場なんてかつては20コくらいあったとか。
現在見られるのは3コくらいですが。
モザイク画も素晴らしく、商店の看板的なものに使われていたり、浴槽の床にあったりと、とにかく見応え抜群。

ローマ遺跡って前後に勉強するとかなり面白いんです。
是非この記事を参考にして次回の旅行に備えて下さい!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0098

シシィの足跡を辿る!ウィーンでシシィ縁の3つの宮殿を訪れよう』です。

現在海外自粛中です。
海外はもちろん近所も自粛中で、毎日家の掃除をしております。

今回は2018年に訪れたウィーンにあるシシィことエリザベートの縁の宮殿に思いを馳せて。
ウィーンでは特に意識をしたわけではないですが、宮殿は全てシシィ縁の宮殿でした。
まぁ、オーストリアといえばハプスブルク家だから、基本そうなるのですが…。

まずウィーンの中心地にあるホーフブルク宮殿。
ココにはシシィ博物館があり、シシィの生涯がわかります。
シシィの私生活はもちろんですが、旅好きだったシシィが乗った列車や、暗殺に使われたヤスリ等興味深い展示があります。

次に世界遺産でもはるシェーンブルン宮殿。
ここにもシシィの私生活がわかる部屋が公開されています。
ちょっとホーフブルク宮殿とかぶるところもありますが、より詳しくシシィについて知ることができます。
また、ココは庭園がすごく広くて綺麗なので、ゆっくり散策するのもオススメです。

先後にシシィが晩年を過ごしたヘルメスヴィラ。
こちらは現在ラインツ動物庭園の中にあり、ココはウィーンの森の一部でもあります。
ラインツ動物庭園から入って15分くらい歩くと、突如森の中に現れる可愛らしい宮殿です。
ココは3月~10月までしか開いていないので、この期間に訪れた方は是非ココもお忘れなく!

近いうちにまたウィーンに行ける日を願って。
旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0206

絶景!グアテマラ・アンティグアの街が見渡せる定番&穴場スポット』です。

現在海外自粛中です。
海外というよりも近所も自粛中です。
会社も7割の出社を減らすということで、しばらくは自宅待機です。
2週間以上の自宅待機。
どこかに出かけることができたら最高なんですが、どこかに行くことも誰かに会うこともできないので…。

今回は平和だった12月のグアテマラを思い返してみて記事にしてみました。
グアテマラのアンティグアの街が見渡せる絶景スポットについてです。

アンティグアの街が見渡せる絶景スポットとして、ガイドブックにも必ず載っているスポットが「十字架の丘」。
中央公園からゆっくり歩いて30分弱。
昔は治安がよくなかったらしいですが、今はお昼間はかなり安全。
ここからは綺麗な碁盤の目のアンティグアの街が見渡せます。
街との距離も近いので、教会やたくさんの家、石畳の道をはっきり見ることができて、まるでミニチュアの世界にいるようです。
晴れた日には街の後ろにキレイなアグア火山を見ることができます。

穴場スポットは日本人の方がほぼ行っていないんじゃないか、って思うくらい穴場。
アンティグアのお土産Nim Po'tからシャトルバスを利用していく「サンクリストバル・エルアルト」の街。
シャトル代は10ケツァール必要ですが。
Nim Po'tからサンクリストバル・エルアルトのCERROというレストランまで直行してくれます。
このCERROからの景色が最高!
美味しいビールや自家栽培の野菜等を使った食事を楽しみながら、素晴らしい風景が楽しめます。

時間があればサンクリストバル・エルアルトの街の散策もオススメ。
とってものんびりとした街で、ゆったりと時間が流れています。
アンティグアで見ることができなかった、公共洗濯場を利用している人もたくさんいた!

グアテマラは日本からはとても遠いけど、日本では見ることができないたくさんの素晴らしい景色がいっぱい。
コロナが落ち着いたら、是非一度はグアテマラに行ってみて下さい。
グアテマラに訪れたらこの景色をお忘れなく!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ろき

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード