旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

ご紹介

LINEトラベルjpのご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0856

明治・大正・昭和の素晴らしい建築!神戸・舞子で和洋中の邸宅巡り』です。

現在海外自粛中です。
先日訪れた、舞子公園内にある邸宅巡りの記事です。

日本でも海外でも古い建築や邸宅が好きなので、ちょっとレアな場所として舞子公園内にある邸宅を巡ってきました。
ココには明治から昭和初期までの、和洋中の異なる建築の邸宅があるのが魅力。
そして入館料も安い。

明治の建築物は旧武藤山治邸。
明治時代に建てられたとは思えないほどスタイリッシュで広いバルコニーが特徴のコロニアル邸宅。
中に飾られている家具や照明等も当時のものが展示されていて、とても素敵なお宅。
入館料もなんと100円で素晴らしい邸宅を見ることができます。

大正建築は孫文記念館がある移情閣。
コチラは現在日本唯一の孫文記念館になっているため、孫文と日本や神戸との関わりについて展示されています。
孫文に興味がある方はもちろん、ない方でもこの邸宅の素晴らしさに釘付けになること間違いなし!
明治期に製造された金唐紙と呼ばれる和紙で作られた壁紙にコロニアルな暖炉と、中華テイストの建物に和と洋がうまく混ざり合った大正ロマンを感じる邸宅です。
こちらは入館料300円。

昭和の建築は数寄屋造が素晴らしい旧木下家住宅。
昭和初期の数寄屋造近代和風住宅をほぼ完全な形として残している大変貴重な建物。
ココの一番の見どころは絵のように美しい、芝生敷の前庭と蹲踞や飛石のある茶庭風の中庭。
この邸宅は主に竹や桐が使われており、戦時中の資材難ながらとても素敵なお宅に仕上がっています。
コチラも入館料は100円。

今の時期はコロナの影響からかなかったのですが、3邸巡りチケットもあり、340円という安さ。
近くの方も神戸を訪れた方も是非見てみてください!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0947

海上47mの世界も!神戸「舞子公園」で明石海峡大橋を楽しもう』です。

現在海外自粛中です。
ということで、三宮から電車で約20分の舞子公園に出かけた記事です。

舞子にはその昔は祖母が近隣駅に住んでいたり、従姉が住んでいたりと、神戸市の中では身近な存在だったけど、ココに訪れたのは初めて。
密を避けて、どこか出かけようと思って調べていたら、ココは明石海峡大橋はもちろん、私が好きな歴史ある住宅もあるってことで行ってみました。

今回は明石海峡大橋にスポット!ということで、垂水公園内にある舞子海上プロムナードと橋の科学館についての記事です。
舞子海上プロムナードは明石海峡大橋の添加施設として作られたもので、海上47mの世界を体験できます。
明石海峡大橋のすぐ下ということで、橋を渡る車の振動や音を感じることができます。
また、ここから舞子公園や神戸や明石の街並みも見ることができるスポットです。
また、隣接する橋の科学館では明石海峡大橋の歴史や技術を知ることができます。

ここ、舞子公園はかなり人も少なく、密も避けられる場所なので、この時期にオススメです。

最近かなりコロナが増えてますね…。
来年には海外に行けるといいんですが…。
早く収まることを願って。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0291

仏歯にダンスに紅茶!楽しさいっぱいのスリランカの古都キャンディ』です。

現在海外自粛中です。

今回もスリランカ記事で。
3年半前に行ったスリランカの古都キャンディの記事です。

キャンディは1泊、24時間も滞在していないけど、かなりゆったり楽しめました。
まず第一の見どころの仏歯寺。
スリランカ王朝の象徴でもあった仏歯は現在、最後の王朝のあったキャンディにあります。
ココはまさに聖地と言っていいほどのスゴイ人。
仏歯というから歯を見れるのかと思ったら、歯の入れ物だったっていう…w

そしてかつて王朝に伝わっていたダンスも。
確か数百円で1時間程の迫力のあるダンスが見れた。

ゆったり休憩できたのは日本でもお馴染みのムレスナティー。
ココのチーズケーキがめちゃくちゃ美味しかった。
そして紅茶も激安なので爆買いしたなー。

それまでにノリタケ食器も買っていたので、バックパックに両手に荷物とかなりの大荷物になったのを覚えています。
早くスリランカにも行きたい。

最近またコロナ患者数が増えちゃっていますが、どうなるんでしょう…。
早く収まることを願って。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0248

食器を買いにスリランカ?アウトレットで激安ノリタケをゲットしよう』です。

現在海外自粛中です。
国内の自粛は解除されましたが、基本近所で人が少なめの場所をウロウロしております。

今回は3年半前に訪れたスリランカのノリタケアウトレットの記事です。
スリランカに行く目的はもちろん遺跡だったんだけど。
色々調べていたらどうやらノリタケのアウトレットがスリランカにあり、それが激安とか。

というのも、ノリタケの生産の約9割がスリランカで作られているのだとか。
各地にアウトレットがあるようだけど品揃えの良さではマータレーと言う場所がいいらしい。
ちょうどシーギリヤからキャンディに向かう途中で寄れそうだったので行ってみました。

コレがめちゃくちゃ安いの。
プレートやカップも500円切るものがザクザク。
アウトレットながらちゃんとノリタケ製品で、日本で見る食器も多数。
そして、さすがノリタケ。
高級感も素晴らしい。

残念だったのがバックパックだったこと。
荷物に限りがあるので、厳選に厳選を重ね、マータレーではマグカップ4つ、ディナープレート4枚、ティーカップ&ソーサー4客、フルーツボール2つ、ブレッドプレート2枚を購入。
コロンボの宿にスーツケースを預けていたので、コロンボのアウトレットで追加でケーキプレート2枚とマグカップ2つを追加購入しました。
コロンボにもアウトレットがあるけど、品揃えは断然マータレー。
またスリランカに行ってノリタケを爆買いしたい。

早くこの状況が終わって、以前のように自由に海外に行ける日を願って。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

LINEトラベルjp記事のご紹介

LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

DSC_0698

さすがアメリカ!「フーバーダム」の驚きのスケールを体験しよう』です。

現在海外自粛中です。
この2カ月ほど自宅待機だったのですが、通常勤務になり、だらだらした生活だったので、かなりしんどいです。

さて、今回は2017年のサンクスギビングの時に訪れたフーバーダムの記事です。
ラスベガスってかなりの回数行っているけど、実はフーバーダムには訪れたことがなかった。
というのも、ダム見たって楽しい?って思っていたから。

この時はあまりもう近場でも行きたい場所がなかったので、車で1時間だから行ってみるかー的な感じで行ってみた。
ところが、さすがアメリカ!
日本のダムと比べて断然のスケールの大きさ。
まぁ、日本のダムは行ったことないのですがw

特に貯水量は琵琶湖の2倍、日本の全ダムを合わせても敵わない量なのです。
なのでスケールの大きさにびっくりして、また周りの自然もなかなかよく、結構楽しめました。
この時は無知で行ったのですが、フーバーダムの作られた背景とかを知ってから行くと、より一層興味を持てる場所だな、と思いました。

また、このフーバーダムはネバダ州とアリゾナ州にまたがっているので、なんと時差が発生する。
これも面白いですよね。

次アメリカに行けるのはいつになるのかなー。
また行ける日を願って。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ろき

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード