旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

ご紹介

たびねす記事のご紹介

今回の記事は…

DSC_0976

5つ星ホテルで優雅にアペリティーボ!フィレンツェ「ウェスティン・エクセシルオール」』です。

フィレンツェの高級5つ星ホテル「ウェスティン・エクセシルオール」は豪華な憧れホテル!
泊まるとなると結構お値段がしちゃいますが、イタリアの素敵な習慣「アペリティーボ」だとお手軽に高級ホテルを楽しむことができちゃいます。

ウェスティン・エクセシルオールの最上階にあるレストラン「SE・STO On Arno」では19時から21時まで、21ユーロでドリンク1杯とビュッフェ形式の食事が楽しめます。
ホテルの最上階にあるのでなんと言っても眺めが最高!
フィレンツェの素敵な街並みを一望することができます。

もちろんお酒もたくさんの種類から選べて味もGOOD!、お食事も種類がたくさんあるし美味しいのでめちゃくちゃお得です!
フィレンツェを訪れたら是非こちらでアペリティーボを楽しんで下さい!
思いでのフィレンツェになること間違いなし!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。


たびねす記事のご紹介。

今回の記事は…

DSC_0806

元貴族の邸宅に泊まる!フィレンツェ「ホテル・エグゼクティブ」』です。

先日、夏休みに出かけたイタリアのフィレンツェで泊まった記事です。
フィレンツェでなかなか評判のよかったコチラのホテル。
駅も近く、観光名所も歩いて行けるし、近くのバス乗り場からミケランジェロ広場まで楽々行けるので何かと便利!

そしてお部屋も可愛らしく、バスルームもゆったり。
歩き疲れた体を癒してくれます。
お勧めなのがバーコーナー!
まるで貴族のお屋敷に招かれたような気分になっちゃうくらい、家具や雰囲気が素敵なの!
もちろんお酒を飲んでもいいし、注文しなくてもココでまったりできるのでお勧めです。

フィレンツェで泊まるならかなりお勧めです!
旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。


たびねす記事のご紹介

たびねすの記事UPしました。

今回の記事は…

DSC_0462

ルパン三世の舞台にもなった!世界5番目の小国「サンマリノ」』です。

今回のイタリアの旅の目的の1つ、イタリアの中にある小国「サンマリノ」に行くこと!
イタリアの中には小さな国が2つあり、1つがお馴染み「ヴァチカン市国」、そしてもう1つがココ「サンマリノ」。
サンマリノは別名山頂の独立国と呼ばれ、その名の通り、山の頂にある街。

4世紀頃に造られたこのサンマリノは、敵国に侵入されることなく現在まで独立国を守ってきました。
戦争の被害にもあうことなく守られてきたこの街は、中世の街並みと重要な歴史的建造物が数多く残っています。

そして30年ぶりに放映されたルパン三世のアニメの舞台がココ、サンマリノ。
サンマリノの街を歩いていると、ルパンのアニメで見たことある場所がいっぱい!
ルパン三世ファンの方には是非とも訪れてほしい場所!
もちろんルパン三世を見たことない人でも楽しめる街です。

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

たびねす記事のご紹介

たびねすの記事UPしました。

今回の記事は…

DSC_0283

ビーチも!遺跡も!イタリア屈指のリゾート「リミニ」』です。

リミニはサンマリノへ行くために立ち寄る方が多いと思いますが、実はビーチも遺跡も食も、と見所たくさんの街。
特にビーチはTHEヨーロッパのリゾートとゆー感じでテンション上がります!
そしてこの地方でしか食べることができないピアディーナ。
トルティーヤみたいな薄い生地にいろんな具材を挟んだもので、専門店もたくさんあります!
もちろん遺跡も素晴らしく、ローマ時代最古の凱旋門は必見!

半日で観光も可能なので是非是非リミニの街も訪れてみて下さい!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

たびねす記事のご紹介

たびねすの記事UPしました。

今回の記事は…

DSC_0062

必見の人体解剖室!伊・旧ボローニャ大学「アルキジンナージオ宮」』です。

ボローニャと言えば旧ボローニャ大学!
ボローニャにはココだけに立ち寄ったと言ってもいいほど行きたかったのが、旧ボローニャ大学でもあるアルキジンナージオ宮。
ここにある人体解剖室こと、解剖学大階段教室に行きたかったので。
ここは17世紀のもの(戦争後復元)ですが、それより以前からボローニャでは人体解剖が行われていたとか。
悪趣味とかじゃなく、見てみたい!と純粋に思ったので。

訪れてみたら、それ以外にも見所がたくさん!
廊下や階段に飾られている紋章の数々、スタバト・マーテルの間と呼ばれる旧法学部の講堂、現在の市立図書館。
どれも素敵でアタシ好みでした。

ボローニャを訪れることがあればココとボロネーゼは絶対です!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード