今回の八重山諸島の旅行は未訪問の黒島と与那国へ。
まずは黒島に3泊。
黒島はそんなに大きな島ではないので、民宿にも限りがある。
電話をしまくってラッキーにも空いていたのどかさんで3泊。
のんびり過ごしました。

ランキングに参加しています。
石垣島で止まったホテルミヤヒラからフェリーターミナルはすぐ。
具志堅さんにご挨拶をして、出発します。

DSC_0304

今回はJALのダイナミックパッケージで組んだので、八重山フェリーが500円で1日乗り放題というのをつけた。
黒島へ行くだけだけど1000円以上するのでとてもお得。

今回泊まる民宿ののどかさんに迎えにきてもらってまずは民宿へ。

DSC_0194

まだお部屋には入れないので荷物だけ預かってもらって、自転車で散策へ。
ちなみに民宿のお部屋の写真は撮り忘れたようで…。
一般的な民宿のお宿でした。
1泊2食付きで6500円とかなりお手頃。

自転車ですぐのビジターセンターに立ち寄ってみた。

DSC_0195

お手洗いがあるのがポイント。

ビジターセンターの敷地に学校教育発祥之地という碑が。

DSC_0197

こんなことを言ってはなんだけど、絶対ココが日本での学校教育発祥ではないと思うのですが。
黒島の?八重山の?

ビジターセンターは無人。

DSC_0198

中は暑いけどキレイで、黒島のアレコレの展示。

体重計というか、自分の体重の〇倍が黒島の牛の体重…と計れる機械が。

DSC_0199

計る時にモーと牛の鳴き声も。
黒島ならではかな。

昔の生活道具等も展示。

DSC_0200

藁のカゴと思ったら水を運ぶものだったと思う。
こぼれないか心配。

続いて黒島研究所へ。

DSC_0201

黒島一の観光名所(海以外)と思われる。

人の数が牛の数の1/10以下。

DSC_0202

気になるのはサキシマハブにかまれた人…。

ココは海の動物に関するいろんな展示が。

DSC_0203

DSC_0204

この都会にはない身近な博物館的な展示の仕方がいい。

いろんな亀たち。

DSC_0205

めっちゃデカいんですけど。
ホンモノの大きさ?
ウミガメは結構デカいからホンモノかな?

そして、これまたデカいエビ。

DSC_0206

色鮮やかすぎて、逆にちょっと気持ち悪い感じが…。

展示の中で興味を持ったのがこのバラサン(藁算)。

DSC_0207

藁に結び目をつけて計算したもの。
細い藁が1、束ねた藁が10とかそんなんだった気が。
文字が書けなくても記録を残せる優れもの。

奥には水槽のあるコーナー。

DSC_0213

DSC_0216

ココでも珍しいお魚たちを見ることができる。

コレは魚なのか?と思った縦長の生き物。

DSC_0209

ヘユアユというのだそう。
タツノオトシゴに近いお魚。
主食はプランクトン。

このコの顔に釘付け!

DSC_0212

DSC_0211

ゴマモンガラという種類らしい。
英語名はタイタンというらしく、巨人という意味だけあって70cmほどの大きな魚。

よく見たらいたヤシガニ。

DSC_0217

なんとなく同化している。

ココにいた亀は小さいものだった。

DSC_0215

カメって陸を歩いているイメージが強いけど、華麗に泳ぐ。

外にも水槽が。

DSC_0221

雨の日というか、台風とかの日はどうするのだろうと思ってしまった。

一番大きな水槽には小さなサイズのサメ。

DSC_0219

のっぺりとしたお肌が特徴。

大小の亀。

DSC_0220

色が特徴的。

イソギンチャク。

DSC_0222

イソギンチャクが若干キモイ。

その他、サメの皮とかも飾ってた。

DSC_0224

入場料が500円くらいで高いかな、と思ったけど、結構楽しめた。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。