続いては旧唐津銀行へ。
ココは無料なのになかなかの見応えでした。
最近色々旅して思うのは、建築物の見どころは、旧銀行、江戸~明治期の旧〇〇邸が殆どのような気がする。
まぁ、ヨーロッパもほぼお城と言えばそうなんですが。

ランキングに参加しています。
続いてやってきた旧唐津銀行。

DSC_0722

昔の銀行ってやっぱり素敵ですね。
ココは別称辰野金吾記念館ともなっています。
なので、設計監修が辰野金吾氏です。

銀行の前には辰野金吾の銅像。

DSC_0724

ベンチに座っているのは曽禰達蔵氏。
唐津銀行には関係ないけど唐津を代表する建築家。
私は知らなかったのですが、旧三井銀行小樽支店等を設計したらしい。
旧三井銀行小樽支店は素敵だった。

今は辰野金吾記念館になっていますが、少し前までは佐賀銀行の唐津支店だったみたい。

DSC_0725

こんなところが職場は素敵だけど、いろんな面で不便もありそう…。
私は最新の建物がいいかな…。

正面玄関。

DSC_0726

施工は明治45年。
設計監修は辰野金吾氏で、設計は辰野金吾の愛弟子であった田中実氏。
この方は知りませんが…。

中は今年色々見てきた旧〇〇銀行と同じ重厚感ある造り。

DSC_0727

DSC_0728

この旧銀行の窓口がとても素敵ですよね。
敢えてこれから造る銀行もコレにしたら、人が来るかも。
と思ったけど、銀行は別に来店してほしいわけじゃないもんねー。

かつての社判が。

DSC_0729

丸いタイプはあまりまにですね。

旧重役室。

DSC_0733

DSC_0730

鏡、暖炉、窓ガラスは当時のもの。
重役室なだけあって豪華な造り。
暖炉は館内に9つ、5種のデザインで、営業室→重役室→貴賓室…と徐々に豪華になって行ってるらしい。

こちらは営業室。

DSC_0736

DSC_0735

確かに重役室の方が豪華!というか結構差があるね。

金庫室にあった金庫。

DSC_0738

かなり歴史を感じる。

唐津銀行の名入り。

DSC_0742

こちらの金庫は現在もある老舗メーカーのクマヒラのもの。
写真には写っていないけど、この金個室にも非常用の出入り口が。

偽?1憶円が置かれていた。

DSC_0739

感想は意外とちょっとだなーw
ちなみに1憶円は10キロ、てことは、1000万円って1キロもあるんだ。

階段室。

DSC_0743

階段もお部屋なのね。

旧総会室。

DSC_0746

DSC_0749

なんか色々模型が置かれていた。
忘却の彼方だけど、辰野金吾氏が設計した建築物だったかと。

旧応接室。

DSC_0747

DSC_0748

重役室より暖炉が豪華らしいけど、あまりわからず。

旧配膳室。

DSC_0754

DSC_0755

辰野金吾氏についての紹介等。

旧待合室。

DSC_0756

DSC_0757

辰野金吾氏の縁のある人々の紹介等。

無料の割にはなかなかの見応えでした。
それではホテルへ向かいます。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。