ランチ後コレといった行くところが思いつかなかったので、白い恋人パークへ。
1人で行くところではないと思ったけど、他に行く場所が思いつかなかったのでw
個人的にはかなり小さい子供向けのテーマパークかなぁと思いましたが。
入場料も安いので時間つぶしにはなるかな。

ランキングに参加しています。

地下鉄宮の沢駅から10分弱の場所にある白い恋人パーク。

DSC_0813

DSC_0814

北海道の定番のお土産、白い恋人のテーマパーク。
まぁ、1人で行く場所でもないと思うけど、行くところが思い当たらなかったので。

無料ゾーンもありますが、とりあえず800円の有料チケットを買って見学。
まずはチョコピアハウスへ。

DSC_0817

可愛らしい洋館の中に冬バージョンの飾りつけの中を通りすぎ。

レトロ可愛いポスターが飾られている廊下を通り過ぎて。

DSC_0819

DSC_0821

中世っぽい家具の部屋へ。
ココではプロジェクションマッピングがあるらしいのですが、この時はやっていなかった。
時間的な問題かな?

通常はココにプロジェクションマッピングが映しだされるみたい。

DSC_0822

下にはアーモンドやコーヒー豆のオブジェ。

ちょっとテーマ的なものがよくわからないのですが…。

DSC_0826

DSC_0828

チョコレート工場お城版みたいな感じでしょうか。
子供用な感じは否めず。

そのまま進むと噴水?

DSC_0832

ココもササっと通り過ぎる。

奥にはクリスマスっぽい感じの通りが。

DSC_0834

こちらも冬バージョンみたいですね。

通りの両側には色々な食器。

DSC_0838

DSC_0839

食器はマイセンのもの。
デコがすごいティーカップは洗うのに苦労しそう。

奥には写真スポット。

DSC_0840

天使の羽にお菓子がついているもの。

チョコトピアファクトリーへ。

DSC_0843

白い恋人とバウムクーヘンの製造ラインが見学できるもの。

稼働していないように思えたけど、動いていた。

DSC_0851

DSC_0861

今工場ってほぼ無人なんだよね、多分。

壁にはレシピっぽいものが貼られている。

DSC_0845

DSC_0847

もちろん詳しいつくり方は書いてないけど、白い恋人のレシピが可愛い。

人形版工場。

DSC_0848

DSC_0849

DSC_0850

ボタンを押すと動く仕組み。

写真コーナー。

DSC_0853

DSC_0854

この山は利尻山。

有料でできる体験の見本があった。

DSC_0856

定番のコースは白い恋人を作ったり、予め焼きあがっている白い恋人にメッセージを描いたり。
その他、季節ごとの体験メニューもあるみたい。

こんな名前入りキーホルダーも売っている。

DSC_0857

コレはちょっと好きかもw

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。