由布島の続きです。
水牛に乗るだけかと思ったら、意外と見どころが多く楽しめる場所でした。
でも、海での時間も作りたいので、滞在は短時間になっちゃいましたが。

ランキングに参加しています。
まずやってきたのは蝶々園。

DSC_0101

普段生活をしていて蝶々を見ることがあまりないのですが、八重山の島々では蝶々を結構見た。
自然が多いということですね。

蝶々園はビニールハウスみたいなところ。

DSC_0102

DSC_0103

中に入ると早速黒と白の蝶々が。
この蝶はオオゴマダラという日本最大の長で沖縄の県蝶。

中は植物と蝶々の共存。

DSC_0104

ココでは色々な蝶々が自由に飛んでいる。

コチラはスジグロカバマダラ。

DSC_0106

黒い筋が入っているからスジグロカバマダラと呼ばれるのかな。
他にも筋の入っていないカバマダラも。

何かぶら下がっているなーと思ったらサナギ。

DSC_0107

サナギを見るのは本当に久しぶり。
そして黄金!
いいことが起こりそうなサナギです。

蝶々園を出て歩いていると昔の水牛車のオブジェ。

DSC_0115

昔はコレで色々運んでいたんだろうなー。

奥にあった食堂らしきお店。

DSC_0161

おそらく今はやっていない感じがしますが。

少し歩いただけなのですが、あまりにも暑いので早々にコチラのshell&green Oasisに避難。

DSC_0123

その名の通り貝と植物を展示。

ココは色リオな貝が展示されていて、なかなか面白い。

DSC_0116

ホンモノ?って思ってしまうくらいすごく綺麗。

一角にダチョウの卵も。

DSC_0117

コレもホンモノ?
生まれなかったってこと?

すごく大きな貝もホンモノ?

DSC_0118

全部ホンモノかもしれないし、オブジェも混じっているかもしれないけど、見分けがわからないw

貝に興味はあまりなかったけど、こう見るとキレイで面白い。

DSC_0119

DSC_0120

DSC_0121

中も涼しくて快適だったので、休憩にはちょうどよかった。

オオシャコガイの化石も。

DSC_0122

めっちゃ大きい貝!
数万年前とあったけど、その頃はこんな貝がうじゃうじゃいたのかな?

お腹に余裕がなくて寄らなかったけどレストランもあった。

DSC_0124

中にはお土産も売ってそうな雰囲気だった。
入っていないので遠目からの感じですが。

そのまま歩くと由布小学校と中学校の門の跡。

DSC_0127

昭和23年に開校したが昭和44年の耐風で島全体が水没。
島民は移転し、個の学校も閉校。

この小中学校の門のすぐ近くの小路に入るとマンタの浜。

DSC_0132

なかなか人間味のあるマンタがお出迎え。

マンタ以外にも愛嬌のあるオブジェがいくつかあった。

DSC_0134

昭和な雰囲気が好み。

マンタの浜は穏やか。

DSC_0135

DSC_0136

都会にはないゆったりとした空気が流れている。

このマンタの浜には由布島茶屋というカフェが。

DSC_0140

ドリンクやアイスが売っていた。
コチラも時間があれば寄ってみたかったのですが、時間が押しているので写真だけ。

奥には素敵なイートインスペースが。

DSC_0139

DSC_0141

昔の水牛車の荷台かな?
通常であれば人がいっぱいだろうこのカフェもひっそり。

途中歩いていると大きなカヌー。

DSC_0142

昔使っていたものなのかな。

コチラはバナナ園。

DSC_0144

DSC_0143

島バナナ等のバナナが実っていた。

島の奥の方にはブーゲンビリアガーデン。

DSC_0151

コチラもビニールハウス。

この中全てブーゲンビリア?

DSC_0149

DSC_0147

DSC_0150

ブーゲンビリアってじっくり見たの初めてだけど、花の中に花があるのね。
そしてたくさんの色もあるのね。

外にはハイビスカスも。

DSC_0152

南国にいるなーって感じる。

ココにはマングローブ林観察遊歩道も。

DSC_0155

沖縄の見たいものがギュッと詰まっている島だね。

ちょっとマングローブが見にくい時間帯?

DSC_0158

DSC_0157

あまり根元が見えない感じがするのですが。
時間がないのでココで引き返したのですが、もっと奥まで行ったらいい感じのマングローブが見れたかも。

ぐるりと回って待合所に戻ってきました。
待合所には荷台が色々。

DSC_0163

これを水牛さん1人で運んでるのはすごいな。

帰りはこの水牛さん。

DSC_0166

DSC_0167

DSC_0172

ゆっくりと西表島へ戻ります。

西表島に着くと水牛さんはおやつタイム。

DSC_0180

運んでくれてありがとー。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。