本日の深夜の船で神戸に戻ります。
うどんもいいけど、飽きてきたのでもう1つの高松名物骨付鶏を食べてから帰ります。
失敗したのは深夜の船にしたこと。
19時発の船の方がよかった、時間潰す場所がないので。

ランキングに参加しています。
そして、土曜日の高松を甘くみていた。
骨付鶏を食べようにもどこもお店が満席…。
予約をしないと厳しいらしー…。

数軒断られたあと、やってきたのは寄鳥味鳥というお店。

DSC_0508

商店街の2階にあります。
そして、商店街結構早く閉まるんですよ…。
今まで神戸や大阪では深夜くらいまで開いているお店が多かったんだけど。
この後フェリーの出発までがどう時間を潰そう。

20分くらい待って入れた。
まずはビール。

DSC_0494

今日もいっぱい歩いたから美味しい!

頼んだのは若どりの骨付鶏と鶏飯。

DSC_0499

この日は昼前に食べた釜揚げうどんのみだったのでお腹が空いたー。

香ばしく焼かれた骨付鶏は美味しくないわけがない!

DSC_0495

コレで900円ってお安くないですか?
若どり以外にも親どりがあるから、もし今度高松へ行ったら親どりも食べてみたい。

鶏飯はお吸い物がついて500円とこれまた安い。

DSC_0507

鶏がかぶってますが、鶏肉は好きなので問題なし。
この骨付鶏はかなり美味しい。
お昼うどん、夜骨付鶏がいいかも。
コチラのお店はお値段も2000円くらいでお手頃。
他のお店も同じようなお値段だった気が。

さて、深夜1時のフェリー時間までどうしましょうか。
スマホでカフェを探すも全部19時とか20時とかで閉まる。
そもそも三宮から歩いて帰れるのだから24時頃到着の船でよかったのでは…?と思ったのは後の祭り。
ちなみに個室は予約必要だったから予約してしまっていたんですよね。
個室でない場合は混雑期以外はそのままフェリー乗り場でチケットを買えばOK。

で、やっとみつけたガスト!

DSC_0509

23時までの営業だけど。
ソフトクリームとドリンクバーで最終まで粘るw
このソフトなんだか偽物の味がする?
ホンモノってなんだ?と言われたら微妙なんですが。
ソフトクリームじゃなくてソフトシャーベットって感じ?

で、ガストを追い出されたあとは高松駅でバス発車時刻までいて、送迎バスで乗り場へ。

DSC_0511

高松駅からジャンボフェリーの乗り場までは無料。

そしてココでも約1時間待って…。

DSC_0510

顔を洗ってバタンキューで寝てしまって、起きたら神戸についてた。
寝足りん。
でもサクッと行くにはちょうどいい距離。
そして通常であれば日中便がいいかも。
寝足りないのでw

今回は地域クーポンでコチラのうどんを。

DSC_0540

やはりお土産はうどんですよね。
ってことで、自分用の他に母と姉にも。

今話題?のアマビエ系を。

DSC_0542

てか、アマビエって全く知らなかったんですが、みなさん以前から知ってました?
江戸時代ごろには知られていた妖怪のおひとり。
豊作や疫病に関する予言をするらしい。
そしてこのアマビエ様の姿を描いた絵を見せるとよいらしい。
ってことでアマビエ瓦せんべいを買ってみた。

瓦せんべいと言えば神戸では亀井堂さんで。
亀井堂さんの味が瓦せんべいと思っていたので、味が全然違って結構衝撃でしたw
はじめはちょっと苦手っぽい感じでしたが、食べすすめるにつれて美味しくいただけました!

これにて高松の旅行記はおしまい。
次回の旅行記も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。