さて、旧屋島ケーブルを見終わってバスの時間まであと90分程。
屋島観光の名物として遊鶴亭展望台がある。
屋島のバス停から徒歩40分とあるのですが。
ギリギリすぎるけど行ってみることに。

ランキングに参加しています。

旧屋島ケーブルを見終わって残り時間が90分ちょっととなりました。
屋島観光での見どころの1つが遊鶴亭展望台。
バス停から徒歩40分もあるんだけど。
そして今いる場所がバス停からかなり離れているんですが。
すっごい早足で行けば間に合うよね?

ということで、Googleマップを見ながら競歩で進む。

DSC_0390

こちらは旧屋島ケーブル近くの道。
整備されているけどめっちゃ長い。

途中にあった見晴台。

DSC_0393

屋島にはところどころに見晴台がある。

ココからの眺め。

DSC_0391

DSC_0392

お隣の山?が見える。
にしても海の色が青いですね。

ふう。
やっとバス停付近まで戻ってきた。

DSC_0396

この辺りは廃墟が多い。
今も人気観光地だと思うんだけどね。

この廃墟の前にも見晴らし台があった。

DSC_0399

DSC_0397

DSC_0398

先ほどの眺めとそこまで変わらず。
高松の市内が一望できる。
ココには源平屋島合戦史跡案内図があった。

さて、ここからが遊鶴亭展望台の道のりですが、山道を歩いていくという感じです。

DSC_0405

このような木々のトンネルをくぐりながら展望台を目指す。
紅葉の季節とかがめっちゃよさそう!

この道の途中の見晴台、魚見台から。

DSC_0414

太陽が沈んでいってますね。
そして時間もヤバイ。
かつては瀬戸内海を行き来する船を監視する場所だったとか。
その後、魚影を探して沖の漁師に伝えるための場所になったとか。
遊鶴亭まであと600m、ここまで約30分で来れた。
ただ通常の2倍以上の競歩ですが。

坂道とかがそんなにないのが幸い。

DSC_0418

そしてこの600mがかなり遠く感じたのですが。

魚見台から5分ちょっとで遊鶴亭展望台に到着。

DSC_0431

360度ではなく320度見渡せる展望台。

ちょうどココに辿り着いた時、ここでストレッチ?をされている方がいたのですが。
眺めは抜群だけど、ココまで結構遠いよね…?

DSC_0423

にしても人の気配がなく、一面海を見渡せるこの遊鶴亭展望台は絶景。

この屋島のとんがっているような部分が長崎ノ鼻と呼ばれる場所

DSC_0427

車だと目の前まで行けるみたい。
逆に車じゃないとムリっぽい感じなのですが。
屋島の最北端で幕末期の砲台もあるのだとか。

目の前に見える島は大島(だと思います)。

DSC_0429

源平合戦の舞台にもなった島で、屋島の戦いに敗れた平家の墓に植えられた松があるんだとか。
そして、島には唯一1軒のみカフェがあるとか。

コチラは昨日行った女木島ですかね。

DSC_0426

そういえば女木島からも屋島が見えてましたね。

だいぶ太陽も傾いてきたので、というより、バスの時間がヤバいので帰りましょう。

DSC_0440

ちなみにこの時点でバスの40分前くらいでしょうか。

途中に気になるところがあったのですが…。

DSC_0444

ココは千間堂跡とありました。
今は特に何があるわけではないっぽいのですが。
ココも鑑真和上が建てたという言い伝えなんだとか。

途中下り坂を走ったりしながら急いでバス停へ。

DSC_0448

木漏れ日が素敵ですが、この時期は結構早く暗くなるので注意ですね。
暗闇は結構怖いと思う。

25分でバス停付近まで戻ってきました。

DSC_0451

かなりのハイペースで歩き、途中下り坂はちょっと走ったりもしましたが。
ココは屋島の宿桃太郎に併設されている茶屋。
このお宿、見ためよりもかなりキレイっぽくて屋島に泊るならオススメ。
わんことも泊まれるそう。

その近くの獅子の霊巌。

DSC_0452

バス停に近い絶景スポット。

夕日がめっちゃキレイでした!

DSC_0454

DSC_0460

DSC_0466

夜景もかなりキレイみたいなので、車で来られる方は是非夜景も!

桃太郎以外にも望海荘というホテルもあった。

DSC_0457

ココはその名の通り海が望める宿。

獅子の霊巌からバス停まではお土産屋通り。

DSC_0470

DSC_0471

既にしまっていましたが。

バス出発まであと10分もないですが最後にこちらに立ち寄り。

DSC_0473

めっちゃ草ぼーぼーなんですがw

コチラは別名血の池と呼ばれる瑠璃宝の池。

DSC_0476

DSC_0478

何故血の池かというと。
源平合戦で壇之浦で戦った武士たちがこの池で血刀を洗い、池が赤く染まったことに由来するらしい。

この血の池を見てバス停に戻って、無事最終バスに間に合いました。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。