銀山温泉には散策コースが用意されていて、春から秋にかけて銀山温泉の自然を楽しめます。
HPによると、20分の滝見コース、60分の銀鉱洞直行コース、90分のゆったり散策コースとあったので、時間もあるのでゆったり散策コースをのんびり散策してみました。
マイナスイオンたっぷりでとても癒されるコースです。

ランキングに参加しています。
まずは銀山側突き当りの白銀公園からスタート。

DSC_0584

公園といっても遊具とかがあるわけではなく、自然公園の意味です。

ココの奥には白銀の滝。

DSC_0562

DSC_0567

迫力ある滝は段差22m。
水しぶきと共に豊かな自然と清々しい空気を感じることができる。

途中にある滝の不動尊。

DSC_0709

白銀の滝の守り神らしいです。

少し坂になった道を歩いて行きます。

DSC_0586

DSC_0587

靴はスニーカーがベターかもしれませんが、夏ならビーサンがいいかも。
何故なら、途中の川がめっちゃキレイで足をつけたくなっちゃうので。

緩やかな坂を登りきると、白銀の滝からもチラリと見えていたせとこい橋。

DSC_0588

DSC_0589

赤い橋って素敵ですよね。
自然の中でとても優美な姿を保っています。

せとこい橋から見た白銀の滝へ通じる川。

DSC_0592

写真ではうまく撮れていませんが、めっちゃ透明感がある川なんです。

散策コースから少し外れますが、コウモリ穴というのがあったので立ち寄り。

DSC_0594

これ…?
崩壊しているような…。
コウモリがいるのでしょうかね。

散策コースに戻り緑いっぱいの自然の中を歩いて行きます。

DSC_0595

木々がたくさんで、ジャングルとは違って癒し効果がスゴイ!

そのまま歩くと河鹿橋に。

DSC_0598

昭和初期に造られたレトロな石橋。

ココがとっても水が綺麗で癒し効果抜群!

DSC_0601

DSC_0602

思わず足を入れてみた。
ひんやり冷たくて気持ちがいい!

本当に透明度が高くて、川の中までめっちゃ見える。

DSC_0606

周りの木々もあり、マイナスイオン半端ない!

途中にあるコチラの穴。

DSC_0609

夏しらず坑と呼ばれているそうで。
中からひんやり冷たい空気が。
まさに自然のクーラー。

なにやらこの辺りはかつて集落のあった場所らしく。

DSC_0610

実際はもっと奥の方だったみたいですが。
こんなところで生活できるのかしら。
夏はともかく冬はヤバいかと。

途中にある長い階段。

DSC_0612

コチラが銀鉱洞への入口へと続く道。

銀山温泉はその名の通り、かつては「延沢銀山」として銀が採れていた鉱山。
室町時代に発見され最盛期には三大銀山として栄えた銀山ですが、江戸初期に大崩落があり、その後廃山となったんだとか。

階段を上りきると長者池。

DSC_0614

DSC_0620

鯉が泳いでいました。

そしてこの辺り一帯になるのかな?
おもかげ園とありました。

DSC_0618

ココにはゆったり休める東屋とお手洗いも。

昔の銀山温泉のパネルもあり。

DSC_0616

めちゃくちゃ目立たない…。
風化も激しいので、撤去でもいいのかな、と個人的には思ったり。

ココへも旧集落の案内矢印がありました。

DSC_0619

見るからにすぐ近くにはなさそうだったので、先へ進むのはやめましたが…。

そして憶には旧銀鉱洞入口。

DSC_0622

銀山温泉に行ってもココまでくる人が少ないのか、全く人はおりませんでした。

銀山温泉の散策についてはLINEトラベルjp記事の『温泉街だけじゃない!山形「銀山温泉」は自然もグルメも楽しめる』でご紹介しています。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。