時間もなくなってきたので、最後にランチを食べて岡山に戻ります。
ランチはバス停から5分くらいにあった、初めに見たお店で食べようと思ったので、ランチ場所までは街並み観光も。

ランキングに参加しています。
笹畝坑道から吹屋ふるさと村まで戻ってきました。

DSC_0070

この辺りは入口?付近。

観光案内所っぽい建物があった。

DSC_0068

ローハの染め物体験的なものもできる感じでしたが。
どうにも時間が足りない。

コチラはゴハン屋さん。

DSC_0073

DSC_0071

裏では釜でゴハンを焚いていました。

素敵なベンガラの赤が映えるお家が多い。

DSC_0076

DSC_0075

こんな感じで1軒1軒に建物の案内が。

コチラは城井田家との案内があったのですが。

DSC_0079

DSC_0082

何軒もの家が城井田家だったので、コチラも大きな豪商だったのではないかと。

ちなみに元々この日の天気は雨だったのですが。

DSC_0084

母が晴れオンナだからか雨が降ることはなかった。
すごい。

コチラは現役の美容院?

DSC_0087

案内の看板には昭和25年から美容院をしていたと書かれていて。
約60年間続いていたらしく、何度かテレビでも紹介されたそうです。
今も美容院のメニューがあるから、他の方がやっているのかな?

コチラも城井田家。

DSC_0089

ベンガラの赤の暖簾がかかっているけど、何か営業をしているわけではなさそう。

コチラは元旅館。

DSC_0090

DSC_0092

江戸時代後期の建物らしいけど、旅館は昭和初期からの経営らしい。

コレも城井田家なのですが。
お店屋さんかと思ったのですが…。

DSC_0094

DSC_0095

今は売っている雰囲気はありませんでした。

コチラは何やら中に入れそう。

DSC_0102

人はおらず無人でしたが。

昭和初期っぽい楽器たちが並んでいた。

DSC_0096

DSC_0098

かなりの年代物?
ちょっと鍵盤がくすんじゃっていますが。

それよりも家具類がまた素敵で。

DSC_0099

DSC_0100

冷蔵庫やテレビはすごく素敵。

何やら大神宮と名のつく入口がありましたが。

DSC_0103

写真には写らないくらい遠い場所に鳥居があった。
時間がないので先には進まず。

この辺りは中心部。

DSC_0106

今はひっそりしていますが、かなり昔は賑わっていたんじゃないかと。

すごく寛げそうなカフェがあったり。

DSC_0108

DSC_0111

レトロなかき氷の機械のあるカフェがあったり。

お土産屋もあります。

DSC_0114

お土産も見たかったのですが本当に時間がなくて見れず。

この百貨店めちゃくちゃ可愛くないですか?

DSC_0968

ベンガラ染のスカーフ等が売っていました。

続きは次回で。

吹屋の街並みについてはLINEトラベルjp記事の『一面ベンガラの赤!岡山「吹屋ふるさと村」でノスタルジック散策』でご紹介しています。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。