続いて郷土館の2階です。
2階は隠し部屋なんかもあったりして、普通の家とはちょっと違う造り。
当時は豪商の家は狙われていたんでしょうかね…?

ランキングに参加しています。
2階に上がってきました。

DSC_0932

DSC_0933

窓には格子が。
当時は基本窓に格子だったのかと。

2階も6畳間が続く。

DSC_0934

DSC_0936

6畳というと広くはないけど、何部屋も続くとかなりの開放感。

押入れにはランプと火鉢かな。

DSC_0937

見えにくいけど角片山の家紋入り。

窓から通りを。

DSC_0940

周りの家も歴史ある住宅なのと、人があまりいないため、タイムスリップ気分を味わえる。

コチラは廊下なんだけど隠し部屋に通じる道。

DSC_0942

DSC_0943

そのため、狭いところではやっと一人通れるくらいの幅。

コチラが隠し部屋。

DSC_0944

DSC_0946

といっても、結構な広さのため隠しきれているんだろうか?という疑問。

この襖は映画「燃えよ剣」で使われたものらしい。

DSC_0947

原作司馬遼太郎で秋に公開されるらしい。
コレはむかしからあった襖なのかは謎。
というより、何故この絵を襖に書いたのかが謎。

上った階段から違う階段から降りる。

DSC_0948

DSC_0949

この郷土館もだけど、先ほどの旧片山家住宅も2階へ続く階段が多い。

主屋の奥には味噌蔵、米蔵、使用人部屋がある。

DSC_0953

DSC_0952

DSC_0954

DSC_0950

半端ない物置小屋的な感じを醸し出していますが…w

郷土館も見どころが多く満足です。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。