ココ、舞子はかつては舞子浜といわれており、白砂青松と淡路島を望める風光明媚な景色から、天下の名勝といわれてきました。
明治時代にはたくさんの旅館や別荘がありましたが、昭和初期の国道改修工事で旅館や別荘は姿を消し、松も姿を消しつつあったのですが、街全体の取り組みで松林が戻ってきています。

ランキングに参加しています。

近いが故に訪れていなかった明石海峡大橋。

DSC_0263

さて、そろそろ帰ろうかなと思いましたが、舞子は松林が有名とのことで見てきました。

明治天皇の和歌の碑と舞子公園。

DSC_0274

さすが歴史ある公園だけあって風情がありますね。

振り返ると明石海峡大橋。

DSC_0276

いつの時代も名所がある舞子。

今の名所は明石海峡大橋ですが。

DSC_0277

かつては白砂青松と淡路島を望める天下の名勝。

江戸時代はそれは美しい景色だった舞子浜。
東海道五拾三次の安藤広重は、「播磨舞子の浜」の海岸風景を描いていますね。
そのためココにはたくさんの別荘や旅館があった。

この橋の近くにかつての松林を甦らそうと、松林が植えられました。

DSC_0284

DSC_0287

それがコチラ。

まだ若い松林ですが、以前の舞子浜になる日も近いのではないでしょうか。

DSC_0296

DSC_0308

DSC_0303

この近くには古墳も残っているので、そのうちまた訪れたいと思います。

次回の旅行記…ぶらり旅を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。