舞子公園の散策の続きです。
お次は昭和初期の和風住宅、旧木下家住宅です。
ただ、コロナ時短で翌日にも来ることになったのですが…。

ランキングに参加しています。
舞子公園にこんな碑がありました。

DSC_0926

DSC_0924

これは明治天皇の歌碑。
明治天皇は舞子がかなりお気に召されていたとか。
というのも、なんと7回もココを訪れたとか。
地方のそこまで有名でもなさげな舞子を7回も訪れるってなかなかですよね。

さて、旧木下家住宅へ向かいます。

DSC_0927

この木下家住宅は舞子公園の一部ですが、移情閣や旧武藤山治邸の近くではない。
駅の山側すぐの場所にあります。

道を進んで行くと…。

DSC_0929

DSC_0928

小さい神社みたいなのもあり。

このすぐ近くにあるのですが…。

DSC_0930

なんと時短で16時まで。
この日はもう16時だったので時間切れ。

門から覗いてみますが…。

DSC_0931

大きな家なので家が見えませんね。

しょうがないので明日また来るかー。
せっかくだから旧木下家住宅がある丘っぽいところを歩いてみる。

DSC_0950

初めはココが松林だと思っていたんだよね。

だからバシバシ写真を撮ってみたけど実はココじゃなかった件w

DSC_0955

DSC_0959

まぁ、ココも一部と言えば一部かな?

ということで、翌日仕切り直し。

DSC_0963

この日はちゃんと開いていました。

とっても風情ある入口ですね。

DSC_0965

そして家が全く見えません。

家に着くまでの道も素敵です。

DSC_0967

しばらく歩くと…。

建物が見えてきた。

DSC_0078

DSC_0077

コチラは前庭にある入口。
なので玄関ではないのですが。

園路と前庭を繋ぐ伽藍石。

DSC_0076

伽藍石とは社寺の柱の礎石を庭園に転用したもののこと。

ココから見る旧木下家住宅のお屋敷がとても素敵。

DSC_0068

DSC_0070

この旧木下家住宅は数寄屋造近代和風住宅で、国の登録有形文化財。
創建時の姿をほぼ完全に残っているということで、阪神・淡路大震災のあった神戸では特に貴重な建物。
平屋建てだけど、上に屋根裏っぽい厨子があり、町屋風でもある。

向かって左手にある書院。

DSC_0074

軒が張り出しているのは伝統的な数寄屋座敷の仏間らしい。

この旧木下家住宅はとても窓が広くて開放的。

DSC_0072

どうやら2000年までは実際に木下家の方が住んでいたらしい。
とても丁寧に住んでいたんだなーという印象。
その後、兵庫県に寄贈されたんだとか。

それでは早速内部にも入ってみましょう!
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。