続いてやってきたのは孫文記念館である移情閣。
コチラは中国人実業家が大正時代に建てた別荘で、現在孫文記念館となっています。
外観が六角形に見えることから、舞子の六角堂として親しまれています。

ランキングに参加しています。
プロムナードからも見えていた孫文記念館の移情閣。

DSC_0688

洋風の建物ですが、コチラは中国人実業家の呉錦堂の別荘として建てられたもの。
奥に見えるのが六角堂と呼ばれていた移情閣ですが、正確には八角形。

裏手にある入口から中に入ります。

DSC_0689

入館料は300円。
ちなみに旧武藤山治邸と旧木下家住宅と合わせてのセット券が340円。
残念ながらこの時は販売されていませんでしたが。

コチラは日本にある唯一の孫文記念館。
孫文って神戸と関わりあるの?と思っていましたが、実際にこの別荘にも訪れたことがあったようです。

まず入ると孫文についてアレコレがパネルや写真で解説。

DSC_0690

ココでは世界にある孫文記念館だとか。
革命家の誕生だとか。
孫文を称える中国だとかの内容。

窓の文字の福。

DSC_0692

この逆さになっている福は、倒福と言って、既に福が来たよってことらしーです。

次のお部屋は神戸と孫文についてのアレコレ。

DSC_0696

DSC_0697

孫文は辛亥革命時と1913年に神戸を訪れたらしいです。

各お部屋のそのにあるバルコニー(になるのかな?)がとても素敵。

DSC_0694

ココだけ白で統一されていて、ギャップが素敵。

この先がこの孫文記念館の移情閣・呉錦堂。

DSC_0708

実はこの邸宅、というかこの移情閣は重要文化財。

この八角形のお部屋の全体像を撮るのが難しいのですが…。

DSC_0715

うーん、こういう時に魚眼レンズが欲しいな。

八角形ってわかりづらいけど天井を見ればわかる。

DSC_0718

上に中国らしい四文字熟語的なものが色々ありますね。

その中で別格的に飾られていた移情閣の文字。

DSC_0767

中国語で書かれていますね。
パンフレットによると1913年の孫文と呉錦堂の出会いの時の歓迎の辞らしーです。

この天井のシャンデリアの吊り下げ部分に龍が描かれている。

DSC_0766

100年経った今でも色褪せず、素敵な細工です。

コチラはオリジナルの金唐紙の展示。

DSC_0768

金唐紙とは明治期に製造された和紙で作られた高級壁紙のこと。

ちなみに壁はこの金唐紙を当時の製法て作ったもの。

DSC_0760

DSC_0762

凹凸模様が打ち出てとても素敵です。

この暖炉とタイルも復元させたようです。

DSC_0722

DSC_0759

タイルもすごく細かくて素敵。

その他移情閣のミニチュアや…

DSC_0716

DSC_0727

孫文の像もありました。

窓から見える明石海峡大橋。

DSC_0772

長くなるので続きは次回で。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。