クトナーホラの旧市街の街歩きの続きです。
チェコには可愛い街が多いけど、このクトナーホラもめっちゃ可愛い。
人が多すぎるプラハから来たからか、のんびりした空気も落ち着く。
プラハの人混みに疲れた人には、とてもオススメです。

ランキングに参加しています。
街を歩いていて見つけた3人の王の家。

DSC_0428

3人のボヘミア王が描かれていることから、こう呼ばれているんだとか。
外観としては観光名所になっているんだけど、中には入ることができない。
これ、ふつーの家なのかしら?

そのまま歩き続けるとモニュメントが。

DSC_0431

この人はKarla Havlíčkaという人みたいだけど、誰だかは知らないw
19世紀のチェコの作家みたいですね。
どうやらクトナーホラに滞在していたみたいです。

これはイタリア裁判所?

DSC_0432

DSC_0433

なんか特別展的な感じのものをやっていた。
確か通常では銀の貨幣を作る行程とかが見れた博物館だったかと。

この博物館の前にはレストラン。

DSC_0429

人は入っていなさそうだけど、居心地よさそうなカフェです。

そのすぐ近くにあるアーチ型の大小の門。

DSC_0435

DSC_0436

横には広々とした中庭がありました。

ココからも聖バルバラ教会が。

DSC_0441

街のどこからでも見えちゃいます。

さて、そろそろプラハに帰ろうかな。

DSC_0443

数時間だったけど、とっても居心地のよい街でした。

途中ジェラート屋を発見!

DSC_0447

チェコでは結構寒かったからジェラートは全然食べていなかったんだよね。

なのでレモンジェラートを!

DSC_0445

DSC_0446

ケーキも色々ありました。

途中チョコレートミュージアムも。

DSC_0448

ミュージアムって名前だけなのかな?
ふつーのお店な感じでした。

クトナーホラはワインも有名なので、ココでワインを買って帰ろう!

DSC_0456

DSC_0457

目印はキセル!

お店の中はワインがずらり!

DSC_0455

DSC_0453

コチラはBIOワインを取り扱っているお店。
せっかくなので、クトナーホラのBIOワインを買いました。
お値段も1000円以下でお手頃。

キセルもたくさん売っていました。

DSC_0454

だからお店の看板がキセルなのね。

聖バルバラ教会の前の道まで戻ってきた。

DSC_0461

ココには鉱山博物館もあるんだけど、所要時間が1時間半ほどかかるみたいなので入らなかったけど、時間があったら入りたかったな。

教会前にあるコチラで休憩。

DSC_0472

コチラはワインの売店。

裏のワイン畑が見下ろせる場所でワインをいただきます。

DSC_0475

1杯250円ほどで飲めるのでお手頃。

どうやって帰ろうか悩んだ結果、近くの駅から帰ることに。
途中の道にはいろんなお店が。

DSC_0483

DSC_0484

DSC_0485

この街に泊ってもレストランやカフェは結構あるね。

コチラのクトナーホラ・ムニェスト駅から帰ろう。

DSC_0486

行きの駅よりちゃんとした駅ですw

ただ廃車の電車が放置されていたりはしますがw

DSC_0487

DSC_0492

時間は30分~1時間に1本。
クトナーホラ本駅で乗り換えてプラハへ戻ります。

線路には降りたい放題w

DSC_0489

DSC_0494

この列車でクトナーホラ本駅まで戻りました。

クトナーホラについてはLINEトラベルjp記事の『プラハから1時間!骸骨と大聖堂の街「クトナー・ホラ」で街歩き』でご紹介しています。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。