LINEトラベルjp記事をUPしました。

今回の記事は…

P1160138

飛行機ファン集まれ!ドキドキワクワクのシアトル航空博物館』です。

GWのシアトルで訪れた航空博物館がかなりよかったので記事を書いてみました。
シアトルのキーワードと言えば、スタバとボーイング。
ボーイングと言えば飛行機。
飛行機のメーカーで有名なのがボーイングとエアバスなのですが、日本の航空会社はボーイングにオーダーしていることが多いと思う。
とゆーことで、いつも乗る飛行機について知りたいと思って訪れました。

正直入場料が25ドルが高っ!って思っちゃいましたが、たまたま滞在日に第1木曜日があったので17時からの無料の時間帯に訪れました。
で、結果、25ドル安いな、ってくらいに思っちゃいました。

航空博物館なので、ボーイング社以外の飛行機も展示されています。
中庭っぽいスペースに退役した飛行機がズラリと並んでるのは一見の価値あり。
そして飛行機の中にも入れちゃう。
絶対見てほしいのは今は亡きコンコルド。
今見てもめっちゃ未来型飛行機。

あと戦争の歴史。
日本の特攻機として使われた戦闘機展示もあり。

あとボーイングについての展示物の中にある初期の機内食の広告。
なかなか豪華でしたよー。

結構急ぎ足で見ても17時半~20時半までみっちりいました。
なので、ゆっくりじっくりいたら1日入れるくらいの展示物です。

飛行機ファンはもちろんそうでなくても絶対楽しめる博物館なので是非訪れてみて下さい!

旅の旅行記&記事を楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。