宜蘭について調べていたら、どうやら台湾が誇るウイスキー会社のKAVALANの工場が近くにあるみたい。
ビール党ですが、お酒関係は是非行ってみたい。
一番楽なのはもちろん宜蘭駅からタクシーなのですが、基本びんぼーなのでwバスで行ってみました。

ランキングに参加しています。
宜蘭駅前のバス停から緑12番のバスに乗って20~30分程で到着したKAVALAN工場。

DSC_0289

KAVALANウイスキーの他にMR.BROWNコーヒーもありますね。
MR.BROWNコーヒーって台湾ではかなり有名なコーヒーチェーンらしーのですが、あまり意識したことがないからか全く台湾で見た記憶がないんだよねー。

とっても大きな敷地。

DSC_0371

右も左もKAVALANウイスキーの工場です。
まぁ、見ての通り、残念なのはド雨なこと…。

KAVALANウイスキーとは…
創業2006年のメイドイン台湾のウイスキーブランド。
このKAVALANめっちゃ無名だったんですけど、世界に出回ると瞬く間にウイスキー界の賞を総ナメした経歴を持つすごい会社。
ウイスキーって基本寒い国で作られるんだよね、スコットランドとか有名だし。
ウイスキーは寒い場所という世界の常識を覆したKAVALANは、南国のトロピカルを武器にしたウイスキーを販売。
これが大ヒットにつながったとか。

まずはビジターセンターっぽいところにやってきました。

DSC_0293

すごくすごく立派な建物。

雨だからか駐車場はほぼ満車。

DSC_0294

緑も多い自然たっぷりの敷地内。

中も高級ホテルのロビーみたい。

DSC_0295

ココでツアーの申し込みっぽいこともできるみたいだけど、今回は自分で回りましょ。
多分聞いても言葉的にわかんないと思うし。

写真スポット?

DSC_0299

KAVALANウイスキーの紹介看板とツリー。

中で絵画展っぽいのもやっていた。

DSC_0297

見事に誰もいないですが…。

大きなホールも併設。

DSC_0298

ピアノが置いてあるし、コンサートとかにも使われるのかな。

他にもお部屋が。

DSC_0370

ココはKAVALANウイスキーの歴史とかが時間が合えば見れるらしー。

ココにあった回り方の順序に沿って行こうかな。
で、1番初めは…ココから一番遠い場所だった…。

まぁ、その施設までは屋根があったからよかったけど。

DSC_0301

道には宜蘭の風景が描かれている使用済樽が。

途中の写真スポット。

DSC_0303

ちゃんと写真のマークがあった。
確かに緑が映える。

あちこちに置かれてある樽。

DSC_0304

2006年と書かれているから、KAVALAN創業と同じ年の樽。

結構歩いて到着した1つめの施設。

DSC_0305

ビジターセンターっぽいところは人が殆どいなかったけど、ココはめっちゃ人がいるなー。
とりあえず見ていきましょ。

KAVALANウイスキーについてはLINEトラベルjp記事の『トロピカルなウイスキー!メイドイン台湾の「KAVALAN」を知ろう』でご紹介しています。

続きは次回で。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。