宜蘭酒廠の続きです。
ふらりと入った割にはなかなか楽しめた宜蘭酒廠。
ビジターセンターなるものもあったので入ってみました。

ランキングに参加しています。
ビールを飲んでお土産屋や甕を見たら今度はビジターセンターへ。

DSC_0188

宜蘭酒廠についてのアレコレがわかるみたいです。

まず入ると宜蘭酒廠のお酒が。

DSC_0197

多分イチオシか目玉なお酒。

歴史についても書いてあるようですが…

DSC_0198

気になったのは下の容器。

犬だったり…

DSC_0199

DSC_0200

ユニコーンだったり。
容量は全くない飾り用かと。
犬のが好み。

その他、宜蘭酒廠ついての紹介がいろいろありますが…

DSC_0201

なんせ中国語オンリーだから、全くわからず。

とりあえず色々商品が紹介されている。

DSC_0202

結構ミニボトルみたいなのも多い。
ミニは本当に小さくて、香水のミニセットで売られているような感じ。

コチラはビールのいろいろ。

DSC_0203

DSC_0204

宜蘭酒廠が出している瓶ビールや缶ビール。

コチラも同じくラインナップ。

DSC_0206

DSC_0207

DSC_0205

台湾ビールはよく飲むけど、今度他のビールも飲んでみたいなー。
フルーツワインぽいのとかもあった。

コチラは工場の模型かな。

DSC_0208

DSC_0209

DSC_0210

ビール製造の流れ。

壺や置物等も展示。

DSC_0212

と思ったけど、お酒を入れるものかな?

壁一面にパッケージが飾られている場所も。

DSC_0214

このパッケージがなかなか味があるの。

料理に使うと思われる米酒。

DSC_0213

DSC_0215

きんかん酒?

料理米酒の紅露酒。

DSC_0216

紅露酒ってのを調べてみたらうるち米を醸造し、そこに紅麹を加えて発酵させて作るお酒みたい。
この宜蘭酒廠の看板酒。
コレは料理用みたいだけど、ふつーにお酒として飲まれているもの。

昔はこうやってビールを売っていたのかな?

DSC_0218

コレを引くのはなかなかのチカラ仕事になりそう。

全ラインナップじゃないかってくらい紹介される商品たち。

DSC_0219

DSC_0220

DSC_0221

今回スーツケースは機内持ち込み用の小さいサイズだったので、容量的にムリだったので買わなかったけど、ワインぽいのとかを買いたかったなー。

ビジターセンターの後は展示とお土産が同時に楽しめる場所へ。

DSC_0222

パネルや道具を使ってわかりやすく展示されている。
ココには英語表記も。
といっても、専門用語も多くわかんないので、殆ど見てませんw
昔の樽等をうまく内装に取り入れて味のある雰囲気に仕上がっているのも特徴。

お土産は食べ物関係から置物、筆等豊富。

DSC_0223

DSC_0224

DSC_0225

DSC_0226

宜蘭のお土産は一番ココが充実してるんじゃないかと思うほど。

結局ふらっと立ち寄った割には1時間以上いたかも。
とりあえず目的地の宜蘭設治紀念館へ向かいます。

宜蘭酒廠についてはLINEトラベルjp記事の『絵本の世界や湯豆腐のような豆花?台湾宜蘭は魅力がいっぱい!』でご紹介しています。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。