明洞からホテルに戻ったらもう23時前。
お部屋でまた30分程仮眠してから夜の東大門へお出かけです。
ソウルに何度か行っていますが、夜の東大門は初めてなのか、めっちゃ久しぶりなのか、とりあえずココ何年も行っていないので、今回行ってみたかったのです。
買い物とゆーより雰囲気味わいですがw

ランキングに参加しています。

夜の東大門の街に繰り出します。
やっぱりDDPの存在感はスゴイな。

DSC_0764

DSC_0765

深夜なので人もまばらです。

とりあえず夜の東大門を見よう!ってことで、どこかのファッションビルにでも入ってみよう。

DSC_0767

買い物予定はないので見るだけですがw
ちなみに問屋街の東大門、韓国中から買い付けの方がやってくるのですが、一般の人も買えちゃいます。
ただお店によっては2点以上とかの制限もあったりするとか。

とりあえずホテル近くにあったapM PLACEってとこに行ってみました。

DSC_0768

ココは新しめのファッションビル。

お店の前にはフードトラックが。

DSC_0769

結構遅くまで開いているので、食べ物にも困らない。

中に入ると造りはふつーのファッションビルですが…

DSC_0770

DSC_0776

ちょっと大人な服が並んでいて、日本でも着れそうな感じ。
まぁ、下には業者買い付けのビニールがめっちゃあって歩きづらいんですが。

ただお値段が中途半端。
安くはないんですよねー。
この値段出すなら、日本で買うわって思う値段。

地下にはアクセサリー等の小物のお店。

DSC_0771

DSC_0773

たくさんのお店があってチョコチョコ見てみましたが…。

ヘアアクセサリーや…

DSC_0774

DSC_0775

ピアス。

ネックレスやブレスレッド。

DSC_0772

お値段は安いのもあれば、日本とそんなにも変わらないものも。
ただ種類は豊富なので、気に入るものが見つかるかも?

アタシは、コレ遊びでいいかなーって思ったのがお値段が2000円くらいしていたので、それならアメリカのアウトレットで買った方がいいかなーと思い、見てるだけ。

ただこのapM PLACEは雑貨にしても洋服にしても他と比べて大人でオシャレな感じのものが多かったので、日本でも使えるものって思うならオススメです。

夜の東大門の様子はLINEトラベルjp記事の『週末はソウルで過ごそう!定番から穴場まで満喫1日プラン』でご紹介していますので、参考にしてくださいね。

一応他も回ってみたいと思います。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。