家具博物館の続きです。
とにかくハプスブルク家の家具はため息ものの素敵な家具ばかり。
ホーフブルク宮殿、シェーンブルン宮殿で写真撮れなかった分ほぼ写真のみですw

ランキングに参加しています。
そんなに大きくない博物館ですが、たくさんの家具、食器が並びます。

王冠の展示も。

DSC_0164

ココにもハプスブルク家の三種の神器の王冠、宝珠、王笏の展示も。

アジアな家具の展示。

DSC_0165

中国とかかな?

ちょっと現代っぽいお部屋も。

DSC_0166

タペストリーが顔に見える…。

欧州とアジアのコラボ。

DSC_0167

DSC_0168

アジアなものもなぜかココだとしっくりくる。

今までと比べて簡素な感じ。

DSC_0169

DSC_0170

このイスも結構簡素ですよね?

寝室も豪華さはあまりないなー。

DSC_0171

でも壁やカーテン、シーツ、イスに至るまで同じ色のこだわり。

赤いイスが多いですね。

DSC_0173

DSC_0174

ちょっと現代風なので、比較的新しいものかしら。

映画のワンシーンと一緒に。

DSC_0175

あまり知らなかったけど、映画のエリザベートの映画もたくさんあるんですねー。
特に有名なのは「愛と哀しみの王妃」なのかしら?

食器セットが素敵です。

DSC_0177

豪華なディナーを毎日食べていたわけではなく、普段はターフェルシュピッツとかが食卓に出されていたそう。

人形の置物やら…

DSC_0178

DSC_0180

鏡やテーブル。

まだまだ続くので次回へ。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。