ランチの後はハプスブルク家が使った家具が収納されている家具博物館へ。
ホーフブルク宮殿やシェーンブルン宮殿は写真不可だったけど、ココは一部写真撮影可能。
なのでガンガン写真を撮ってしまいましたw

ランキングに参加しています。
家具博物館へ行く前にシュテファン大聖堂へ。

DSC_0987

前日入れなかったので中をチラ見してみました。

内部はとっても大きくて豪華!

DSC_0142

有料ゾーンが多いので無料ゾーンのところだけ。

ココ、シュテファン大聖堂はもともとは小さな教会。
14世紀にゴシック様式の大きな大聖堂になったらしー。
教会の塔からはウィーンの街並みが一望できるらしーけど、別にいいかな、と。

とっても時代を感じるオルガンの展示。

DSC_0143

鍵盤が4段に分かれている。
結構高度な技が必要だな。

この奥は有料ゾーン。

DSC_0145

立派な祭壇画や彫刻、彫像などが飾られている。
有料ゾーンは色々分かれていて、全て入ると30ユーロはしそうな勢いだった…。

シュテファン大聖堂は中をちょっと見ただけですが満足なので、目的地の家具博物館へ。

DSC_0149

ふつーの家のようなところにあるのが家具博物館。

外観からは想像できないけど、広々とした中庭が。

DSC_0150

カフェも併設されているようです。

ココもシシィチケットで入れます。
荷物が重かったからカメラを含めてロッカーに預けたけど、写真が撮れるっぽいのでカメラを取ってもう一度回ったとゆーw

ハプスブルク家の使われた家具が、めっちゃ展示されている。

DSC_0151

DSC_0152

旅行カバンが素敵。
自分で運ぶには全く適してないけど、こーゆートランクって大好き!

さすがハプスブルク家、めちゃくちゃな数の家具が並んでいます。

DSC_0153

DSC_0154

DSC_0156

同じような壺やら鏡やらがめちゃくちゃあるし、とりあえず保管庫として使われているのかしら。

興味をひいたのがこの屏風っぽいもの。

DSC_0155

アジアからの輸入品かしら?

車イス?

DSC_0157

めっちゃ座り心地よさそうです。

そしてココには皇妃エリザベートの肖像画も。

DSC_0159

もちろんホンモノはホーフブルク宮殿でコチラはレプリカですが、この肖像画を写真に撮れるのはめっちゃ嬉しい!

その他、宮殿のお部屋っぽく再現して置かれている家具たち。

DSC_0158

DSC_0160

DSC_0162

DSC_0163

やはり本場のホーフブルク宮殿やシェーンブルン宮殿で見るのが一番だけど、写真に撮れるだけ価値は大きいかな。
もちろん一部写真撮影不可の場所もあります。

莫大な展示数なので次回へ。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。