台南で行きたかったお店は林百貨店。
名前からわかるように、日本統治時代に日本人の林さんが建てた百貨店。
今の百貨店と比べると規模はとっても小さいけど、当時はかなりのオシャレスポットだったらしいです。
そしてリニューアルされた今もとっても素敵です。

ランキングに参加しています。
もうすっかり暗くなってしまいましたが、行きたかった林百貨店にやってきました!

P1130791

こじんまりとした可愛い百貨店。

コチラは昼バージョン。

P1140137

この林百貨店は、1932年に山口県出身の林方一氏が建てたデパート。
でも、残念なことにこのデパートがオープンする直前に林氏は亡くなってしまったそうです。

当時は台南では最先端の林百貨店。
台南で唯一エレベーターがあったビルだったらしい。

第二次世界大戦がはじまり、日本の敗戦により林百貨店も閉店。
その後は工場やら事務所やらに使われた後1980年以降は放置。

そして1998年に市定古跡に認定された林百貨店は台南市が8000万台湾ドルをかけて修復。
2014年6月にリニューアルした林百貨店がオープンしました!

当時の最先端の林百貨店は、台湾のグルメや台南地元のファッション、お土産が取り揃えられた今も最先端スポット。
特にメイドイン台湾製品が多いのでお土産にもピッタリです。

ちなみに林百貨店の対面には旧日本勧業銀行が。

P1140139

素敵な建物は今は土地銀行が営業しています。

それでは早速中に入り、一番上の屋上から見ていきたいと思います。
上に上がるには是非エレベーターを!

P1130816

1932年の開店当時、エレベーターはとっても珍しいもの。
そしてエレベーターガールもいたんだとか。
当時の人々は林百貨店でエレベーターに乗る行為こそがステータスだったんだとか。

階数表示は当時を模した針式。

P1130812

下のかすかに残っている針は当時のもの。

ちなみにこのエレベーターは1階と5階にしか止まりませんので、他の階には階段を使って行きます。
当時も大人気だったエレベーター、現代でも大人気で、ふつーに順番待ちですw
一気に5階まで上がって降りながら見るのがいいです。

階段にはエレベーターの空気穴も。

P1130813

再現具合が素敵です。

エレベーターで5階まであがって、さらに階段を上ることができます。
そこにあるのがオリジナルグッズショップのHAYASHI SHOP。

P1130817

夜は怪しげな感じがしますが…。

昼はこんな感じで、旗が可愛らしい。

P1140147

ちなみに真ん中にある石の置物みたいなのは、戦後に使われていた時の銃の射撃台らしーです。

林のロゴかなり素敵。

P1140146

このロゴのグッズが結構あって、お土産にもよさげでした。

そしてショップ前にはレトロ可愛いポスト。

P1140142

実際に投函できるので旅の思い出に出すのもあり。

中は可愛いオリジナルグッズがたくさん!

P1130819

P1130820

このシリーズ可愛いけど、マグカップとか怖いw
油取り紙があったからお土産とかにいいかも。

オリジナルショップを通り抜けると屋上になんと鳥居。

P1140144

当時は一般開放されずに、林百貨店の関係者が参拝していた末広社。
屋上に神社作っちゃうって、信仰心はすごいな。
もちろん台湾の屋上に神社があるなんてココだけです。

そして立ち入り禁止のココはエレベーターの機械室。

P1130823

ここからエレベーターの内部や動作の仕組みが見れるみたいです。

お次は5階にいってみます。

林百貨はトラベルジェイピー記事の『今も昔も最先端!台南のランドマーク「林百貨」で観光&ショッピング』でご紹介しています。

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。