それでは赤崁樓の中へと入っていきます。
もともとはプロヴィンティア城と呼ばれた赤崁樓は、鄭成功がオランダ人を降伏させたときに名前を変えたのだとか。
素敵な中国建築は必見です。

ランキングに参加しています。
それではまず海神廟に入ってみます。

P1130745

もともとこの海神廟が作られたきっかけは、牡丹社事件とゆー、台湾に漂着した日本人が殺されたという事件がきっかけ。
で、その繋がりがどこまであるかはわかんないけど、海神のご加護を受けるため建立されたんだとか。

色鮮やかなブルーが素敵な開放的な廟。

P1130743

装飾もかなり凝っています。

飾られているこの人は鄭成功でしょうか…?

P1130747

P1130746

その他、もともとの廟の装飾だったものだとか、壁の一部だとか。
そんなのが展示されていました。

2階にも上がれるみたいなので上がってみます。

P1130749

MAX40人みたい。
20人上にいるってことでしょうか?
でも上がってみると10人もいなかったんですが…。

海神を祀っているからか、2階は船の模型等の展示も。

P1130757

でも肝心の神様っぽい人はいなかったような…。

2階のテラス?部分に出てみました。

P1130755

ぐるりと一周することができます。

お向かいの文昌閣を見ることができます。

P1130754

P1130756

ココは夜まで開いているからライトアップも綺麗そう。

ちなみに展示されているもので興味を持ったのがこの本。

P1130759

ゼーランディア城で発見された日誌を本にしたもの。
ゼーランディアは安平にあるオランダ人が建てたお城とゆーか要塞。
そこで発見された日誌によって、当時の様子がわかったみたいです。

コチラも日誌でパタヴィア城日誌だとか。

P1130761

初版?と思える古さ。

それでは続いてお隣の文昌閣にも行ってみます。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。