ベルクール広場の星の王子様に挨拶をした後はクロワ・ルースの丘へ。
ココも世界遺産の街並みのひとつ。
ほんとはトラブールも見たかったけど、時間もなく、探すことができなくて残念。
とりあえずリヨンはリベンジしたいかも。

ランキングに参加しています。

列車に乗ってやってきたのは坂の上にあるクロワ・ルース。
まずは数あるリヨンの中でも有名なだまし絵。

DSC_0329

まぁ、絵とはわかるのですが、巨大なだまし絵がスゴイ。

味方よっては街と一体化してる?

DSC_0328

ココの他にもだまし絵がたくさんあるらしーのですが、なんせ時間がなく、一番有名なところにきてみた。

DSC_0330

この中に人が混じっています。
わかりますかー?

ほんとに街の一角みたいになっています。

DSC_0333

こんな巨大なだまし絵ですが…。

もともとはこんな味気のない建物。

DSC_0334

DSC_0337

それが1987年にはこんな建物に変身!

1997年には前の建物の絵を描きなおしてますね~。

DSC_0335

DSC_0336

さらに描き足して2013年にはこのように…。

シティ・バスもココに停まるようで、たくさんの人が見学してました。

DSC_0338

時間があまりないけど、ココから旧市街まで下って行こうかと思います。

少し下るとクロワ・ルースの駅に。
その先に見晴らしがよさげなところが。

DSC_0339

キレイに整備されています。

ココら辺りからもリヨンの景色が一望できそうですが…。

DSC_0341

なかなかよいビューポイントが見つけられず退散…。

迷路のようにいくつもある路地を通り抜けながら旧市街に向かいます。

DSC_0342

この辺りにもトラブールがあるそうなのですが…。
トラブールとは建物内の通路のこと。
この建物内の通路の装飾や階段、中庭は歴史的な価値もあり歩いているだけで楽しい通りなのです。
このクロワ・ルースと旧市街にあるそうなのですが、旧市街に戻る時間はないし、歩いていたら出くわさないかなーと思っていましたが、結局見つかりませんでした。
クロワ・ルースのトラブールの詳しい場所がスマホで探せなかったんだよね…。

無料で楽しめるスポットをまとめた、トラベルジェイピー記事『無料でココまで楽しめる!フランス・リヨン満喫スポット5選』をご紹介していますので、こちらも参考にしてください!

それでもクロワ・ルースの街並みはとっても素敵でした。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。