夜ごはんを食べた後は、お腹がいっぱい過ぎるので、辺りを散策。
夕暮れから夜に変わっていく瞬間がなんとも言えないくらい素敵な空間で、人がいない小道は本当に中世にいるかのような気分!
是非是非泊まって夜の街の散策もお勧めです!

ランキングに参加しています。

オルヴィエートは、たびねす記事の『美食と名所の宝庫!イタリアの世界一美しい丘上都市「オルヴィエート」』でご紹介しているので、是非ご覧ください。

夕食前に撮ったものから…
オルヴィエートはたくさんの可愛らしいショップがあります。

DSC_0845

DSC_0848

写真を撮りたくなるようなお店がいっぱい!

フルーツ屋さん。

DSC_0847

ちなみにスーパーもメイン通りにありました。

夕食後はちょうど日が暮れ始めた時間。
街の中心にあるレプッブリカ広場。

DSC_0865

ココには現在市庁舎であるコムナーレ宮、オルヴィエートで最も古いと言われるサン・アンドレア教会、12角形の鐘楼があり、どれも12世紀前後に建てられた歴史ある建造物。
ちょうどライトアップされた時間帯で、現代じゃないような感覚に陥る。

街の灯りが徐々に灯されていき、幻想的な雰囲気に。

DSC_0868

DSC_0869

人がいない通りは本当にタイムスリップしたような感じ。

既にお店は閉まっていたけど、オルヴィエートの名物のお店。

DSC_0867

オリーブオイル、ワイン、トリュフ、ジャム等が売られている。

そして、この赤褐色の家々。

DSC_0871

日本では見られない建物ってこーゆーのだろうなー。

そんなに大きな街ではないオルヴィエートだけど、見渡すと、教会は結構ある。

DSC_0873

これもヨーロッパならでは。

日もだいぶ暮れ始めて…

DSC_0874

DSC_0875

DSC_0876

思いのままに道を歩く。

ジェラート屋はかなり遅くまで開いているのが嬉しい。

DSC_0877

DSC_0879

お店が閉まった跡のショーウィンドウや店内も絵になる。

とにかくオルヴィエートでは気の向くままに歩くのがお勧め。

DSC_0880

どこもかしこもシャッターを切りたくなる場所ばっかり。

せっかくなので夜のオルヴィエート大聖堂にも行ってみましょう。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。