モーロの塔に立ち寄った後はフニコラーレ駅まで戻り、駅の隣のアルボルノツ城塞に立ち寄ってみました。
ココは昔のメインゲートで、今は緑豊かな公園になっています。
ココからの眺めは、このオルヴィエートがいかに断崖絶壁の丘上都市かがわかる眺めでお勧めです。

ランキングに参加しています。
フニコラーレ駅のすぐ隣にあるコチラの門。

DSC_0705

ココはかつてのオルヴィエートに入るメインゲートだったそう。

今は緑が多い公園に。

DSC_0706

DSC_0707

夜はちょっと怖い印象があったけど、お昼はたくさんの人で賑わっています。

ココは昔は城壁の周りを歩けるようになっています。

DSC_0708

DSC_0709

街中にいるときは忘れてしまってたけど、ココが丘上都市だとゆーことを思い出させてくれる。

そしてこの都市の周りは殆ど緑!

DSC_0710

DSC_0711

そしてかなーり高いところにあったんだって思う。
なんとなくシーギリヤ・ロックもこんな感じと言えばこんな感じ。
かつての入口っぽいところもわかる。

麓に家々はあるけど、緑が多い!

DSC_0714

この辺りはオリーブ農場も多いみたい。

ココだけの景色を見ていたら、現代なのか中世なのかわからないくらい。

DSC_0715

DSC_0713

フニコラーレ駅のすぐ横なので、是非立ち寄ってみて下さい!

オルヴィエートの記事をコンパクトにまとめた、たびねす記事の『美食と名所の宝庫!イタリアの世界一美しい丘上都市「オルヴィエート」』も是非ご覧ください!

次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。