クチン・モスクまで歩いて戻ってきたら今度はマルゲリータ砦へ。
マルゲリータ砦はヒルトンがある側ではなく川を挟んだ向こう側。
川の向こう側に渡るには渡し船で渡ります。
風情があっていいんだけど、橋もつけてほしーって思うのは現代人なんだろうか?

ランキングに参加しています。
橋の向こう側に渡るにはこんな船で渡ります。

DSC_0105

多分橋かけたら5分もかからない距離。
あらゆるところに船着場はあります。

仕組みがわからずまごまごしてたら、乗っていーよってことで船に乗り込む。

DSC_0056

一応ライフジャケットは搭載。
3分くらいで向こう岸へ。
料金は50セント。

向こう岸に着いたら「Fort Margherita」の看板があるのでそれに従って歩く。
途中こんな民家も。

DSC_0057

この辺りは素敵なお家がたくさんあった。

振り返るとかなり森森してる道を歩くけど、舗装もされているのでラク。

DSC_0058

途中、マルゲリータ砦を目指す人も何人かいて迷うことはないかと。

船着場から10分弱歩くと見えてきたマルゲリータ砦。

DSC_0060

ペンキ塗りたて?って思う程キレイな白。

コチラが正面。

DSC_0062

とっても可愛らしい建物。

このマルゲリータ砦は海賊の侵入に備えて1879年に建てられた城塞らしーけど、正面に書かれているのは1880年。
当時の白人王チャールズ・ブルックの妻の名前をとってつけられたんだとか。
アジアのコロニアルな雰囲気があって、こーゆー建物は大好き!

中はチャールズ・ブルックの博物館みたくなってて、RM20するから入ろうか迷ったけど、せっかくなので中に入って見た。
この記事は後程…。

そしてこのマルゲリータ砦の周りはとっても整備された自然。

DSC_0098

なんだかこーゆー風景は安らぎます。

そしてココには(おそらく←よく見てないので…)チャールズ・ブルックのお墓が。

DSC_0099

ココだと安らかに眠れますね。

それではマルゲリータ砦の中に入って見ます。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。