シンガポールって都会なイメージだけど、意外と自然が多い。
でも、なかなか自然に触れ合う観光ってしないものなんだよね。
ってことで、今回の旅のテーマの1つとして、自然に触れ合うってことにしてみました。
さすが大都会シンガポールなだけあって、ちゃんと自然も整備されていて、とっても過ごしやすい!
お散歩コースにもお勧めです。

ランキングに参加しています。
サザン・リッジズとはいうのは、「マウント・フェーバー・パーク」、「テロック・ブランガ・ヒル・パーク」、「ケント・リッジ・パーク」の3つの公園を繋ぐ遊歩道のことを指すらしく、全長はなんと9m。
さすがにこの9mはちょっと無理なので、気軽に行きやすいコースを選択してみました。

名にはともあれ、目的地のラブラドールパーク駅へ。
近くにバス停があり、ハーバーフロントまで行くっぽいのでコレで行こうとバスに乗ってみた。

DSC_0530

コレがなかなかの間違いで。
めーっちゃ時間がかかったので、遠くに行く場合はバスはお勧めしません…。

ラブラドールパーク駅のA出口を右に進み、道なりに10分程度歩くと…。

DSC_0531

ココですでに自然が感じられちゃいます。

こんな入り乱れたような橋?に出るので、ココがスタート地点。

DSC_0532

アタシは時間がないので「テロック・ブランガ・ヒル・パーク」方面へ進みます。

反対側は「ホート・パーク」。
すぐ近くっぽいので覗いていこうかなと思ったけど、パッと見で、こっちに立ち寄ったら30分程は時間をロスするかなーと思い、本来の「テロック・ブランガ・ヒル・パーク」方面へ。

こんな橋を歩きながら、最終目的地はハーバーフロント近くの「マウント・フェーバー・パーク」。
コチラは森の中を木々の目線で歩ける「フォレスト・ウォーク」。

DSC_0534

この日はめっちゃ天気がよかったので、お昼間はちょっとヤバいかも。
アタシがココに着いたのは17時前だったかな?
早朝か夕方がお勧めです。

そしてこの橋は結構な高さがあります…。

DSC_0535

DSC_0536

そして金網なだけにちょっと怖い。
+ジョギングをしている人もあって揺れたりもしちゃうんだけど…。

とにかく少し歩くだけでも自然がいっぱい。

DSC_0537

DSC_0538

こんな感じで様々な鳥たちが生息しているようです。
鳴き声は聞こえたけど、実際は見ることができなかった。
早朝の方がたくさんいそうだねー。

こんな道のりをずんずん進みます。

DSC_0539

ちなみに途中でもう歩きたくない、と思ってやめたい場合は、結構至るところに道路へ出れたりもするので、その辺も気楽。

そして、木々の中から顔を出す構想ビルたちがとってもシンガポールっぽい。

DSC_0543

ほんと森の中の空中散歩みたいでしょ?

途中遭遇したリス。

DSC_0542

かわゆい。

こんな感じで木々の説明もあります。

DSC_0547

DSC_0546

調べたら薩摩山帰来とゆー植物らしー。
初めて聞いた。

この鉄筋の橋を渡り終えたら、「ヘンダーソン・ウェーブス」へ。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。