キャンディ・マーケットを見学したらとりあえずはキャンディ湖を目指してとことこ歩く。
途中に行こうと思っていたムレスナティーのお店を発見!
コロンボにもあるかもしれないけど、行けなかったり、見つからなかったりしたら困るので、荷物が増えること承知で立ち寄り、大量買いw
もちろんお茶もしてきました。

ランキングに参加しています。
キャンディ湖に向かう途中でたまたま見つけたムレスナティーのお店。

DSC_0371

可愛らしい外観!

看板もかわゆい。

DSC_0387

日本にもお店が最近増えてきたと思う。

広くはない店内だけど可愛いパッケージの紅茶がたくさん!

DSC_0373

DSC_0372

可愛らしさからゆーと、ディルマよりこのムレスナかな。

紙の箱から木箱、缶まで品揃えも豊富!

DSC_0375

大きさも大小様々でお土産に最適なものも。
ココで会社のバラマキ土産に最適なお値段のものを発見!
既に荷物がすごいけど頑張って買ってきました。

詳細は後程…。

紅茶以外にも食器類も豊富。

DSC_0378

ノリタケで色々買ったので買うことはできなかったけど、ココのティーポットやカップ等も可愛いい!

マグカップや茶葉を入れる道具等も。

DSC_0379

真ん中の大きいのはポットかな?

実はこのティーバッグを入れるケースも欲しかったんだけど、これはさすがに重さもあるのでココで買うのはムリと思って買わなかった。

DSC_0377

コロンボではムレスナのお店が見当たらなかったけど、こういった小物類もムレスナの方がディルマよりかわいいと思った。

大きなポットのオブジェも。

DSC_0376

砂時計とかも売られてた。
適当に紅茶飲んでるけど、ちゃんと時間を考えて飲んだ方が本当はいいんだろうね~。

2階はこじんまりとしたティールーム。

DSC_0385

店内はディルマの方が断然可愛い。

紅茶だけ頼もうとしたら、ケーキがオススメとゆーことで、大好きなチーズケーキも一緒に頼んでみた。

DSC_0384

このチーズケーキがかなr-り美味しくてアタシ的に大ヒット!
そしてポットサービスの紅茶、ケーキで360ルピー、日本円で300円切っちゃうお値段に感動!

紅茶選びとお茶で結局ココで2時間くらいだらだらして過ごしたw

お茶の後はとりあえずキャンディ湖。

DSC_0388

DSC_0392

きれいな湖じゃないけど絵になる風景。
それは周りの緑のおかげかなー。

真ん中にあるこの島はなんなんだろ?

DSC_0400

船で渡っていくのかしら?

昨日も見たクイーンズ・ホテル。

DSC_0396

写真映りのよいホテルw

仏歯寺の近くには献花を売るお店が多数。

DSC_0397

お値段は不明…とゆーより、自分の気持ちの値段を払う仕組みらしー。
と、宿が一緒だったおねーさんが言ってました。
観光客だからそういわれたのかもだけど、といって100ルピーとかじゃ微妙だしいくら払えばよいのかがほんとーにわかんなくてやめたって。

道を歩いててみつけた象洗いw

DSC_0398

道端じゃなくて敷地の中だけどねw

中途半端に時間があるとゆーかないとゆーかでどこに行くか迷いまくる。
紅茶博物館に行ってみたいなと思ったけど、バスorトゥクトゥクで行かなきゃなので2時間弱しか時間がないから結構微妙。
ガイドブックをぱらぱら見ながら見つけたのが仏教博物館。
こんな熱心な仏教国に来たからせっかくだから行ってみようかと。

で、この仏教博物館がめっちゃわかりづらく、仏歯寺の裏なんだけど、何人かの人に聞いてようやくたどり着いた。

DSC_0401

コロニアル調の立派な建物。

正面には仏陀が。

DSC_0402

中は写真禁止。
仏教についての説明から世界の仏教国に関してもいろいろ展示があり見応え抜群!
もちろん日本のコーナーもあり。
なかなかオススメです。

いい時間になったので駅に戻って荷物を引き取り。

DSC_0358

チケットは予めエキスポ・レイルを予約して行きのコロンボで引き換えてたのでそのまま列車に向かうだけ。

チケット売り場はコロンボもココも結構空いてた。

DSC_0359

始発駅だからか既に列車は到着していて、大量の荷物と共に乗り込む。

15時に定刻通り出発!
15時とゆーお茶の時間帯だからか、食事はスナック系。

DSC_0403

マフィンとカステラっぽいもの。
ふつーに美味しかった。

でもこの列車がどーしたらこんなに縦揺れになるんだ?くらい揺れて、まるでアトラクションw
電車で縦揺れって謎。
でもそんな中でも寝ちゃうアタシは自分でスゴイと思う。

途中見た景色。

DSC_0405

キャンディ~コロンボ間は景色も素晴らしかった。

17時過ぎにコロンボに到着して、初日の宿のチャールストンハウスまでトゥクトゥクで向かいます。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。