アズールウィンドウを見た後は、マルタ最古の遺跡として知られるジュガンディーヤ神殿に。
ココはなんと紀元前4000年あたりから建築が始まったと言われており、昔すぎていつの時代やら…って思ってしまうくらい。
数字で表すのは簡単だけど、6000年以上の歴史が詰まっている場所と思うと、ただただスゴイって言葉しか出ない程。
早速6000年前にタイムスリップ!

ランキングに参加しています。
またまた街の中心のヴィクトリアに戻って、ジュガンティーヤ神殿に行くバスに乗り換える。
待ち時間を入れて40分程で到着。

P1120073

なんだかとっても立派な建物!
ココは出口なので入口まで少し歩きます。

この奥に見えるのが入口。

P1120074

もちろんヘリテージマルチパスが利用可能。
50ユーロと高かったけど、それなりに元は取ったかな。

ヘリテージマルチパスを買わずに入るなら…
・ジュガンティーヤ神殿
・ゴゾの民族博物館
・ヴァレッタの考古学博物館
・タルシーン神殿
・聖エルモ岬(国立戦争博物館)
・騎士団長の宮殿
がよかったかな。

遺跡の前に博物館で勉強してから遺跡に入ります。

入口を入ってすぐにキッズスペースが。

P1120076

マルタの子供たちはこうやって幼い時期から歴史に触れるんだね~。

よくわかんないけど、顔。

P1120077

顔がなくなっているケースが多いので、顔を見るのは久しぶりw
当たり前だけどちゃんと人の顔w

柱の一部?

P1120078

右の絵の右端に移っているソレだろうかと。

臼?

P1120079

と思ったけど、たぶん生贄を洗う道具の1つかと。

コチラもふくよかな女性像。

P1120080

もともと2つの顔があったと思われます。

神殿から見つかったと思われる様々な展示品。

P1120082

P1120083

P1120084

P1120085

小さな女性像等は他の神殿から見つかっているのと同じような感じ。
後は壺っぽいのが多数。
生活用品とゆーより儀式に使われたものかと。

その展示品がどのあたりで見つかったかを表している図かな。

P1120086

殆ど解説を読まないとゆーか、読んでもわかんないけど。
そんな人にとって絵での解説は(勝手な解釈のケースは多数だけど)わかりやすい。

絵の一部の割れてる石っぽいのが展示。

P1120087

勝手な解釈でコレも生贄を洗う道具かなぁとか。

結構大きな像があったっぽい。

P1120088

その一部を展示されているんだけど、コレってなんでわかるんだろ?
全然違う可能性もありそうなんだけど。

昔の人は現代人と比べて30センチ程背が低かったそうな。

P1120089

そういえば、メキシコに行ったときも昔のマヤの人たちは小さかったぽいカンジかした。
遺跡の構造的に。

そして昔の人は顔が小さいような…。

P1120090

目がデカいのか、面長なのか…と考えた結果、顔が小さいんだろうなと。

古代のアクセサリーたち。

P1120091

左上のってただただ重いような…。
とゆーか、ホントに首飾りだったのか…?
と疑い深く見てしまう。

コレは火おこしするための石とか、包丁の役割をする石とかだったかと。

P1120092

実際にDVDで包丁のように切れるのか的な実験を流してましたが、意外と切れてました。

一通り付属の博物館を見たら遺跡へ。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。