大聖堂を見た後は民族博物館へ立ち寄ってみます。
全然期待していなかったわりに、かなりの見ごたえたっぷりの博物館。
当時の生活の様子も垣間見れて楽しかった。
なかなかオススメです。

ランキングに参加しています。
チタデルの中の博物館は結構わかりにくく、あっこんなところにってカンジのところが多かった。
入口は撮り忘れたのでいきなり内部の様子から。

いろんな小部屋があって、まるで迷路みたいになっている民族博物館。
コレもいきなりですが計りの数々が置いてありました。

P1110666

P1110667

今はデジタルの機械でなんでも計れるんだけど、こーゆーのは趣きがあって好き。

いろんな生活用品が展示されてました。
コレは牛乳を入れるっぽいカンジ。

P1110668

アルプスの少女ハイジを思い出す。

いわゆる手動の臼みたいなの?
上に穀物を入れて挽いてたのかな?

P1110669

P1110671

裏側バージョン。
袋がぶら下げれるようになってて、ココに落とす仕組みになってる。

結構大がかりな機械も。

P1110670

忘却の彼方ですが、ワインの機械?かなぁ…。

台車の一部だと思われ。

P1110672

立てかけられている木組みを車輪にセットして荷物を運んでたのじゃないかと。

お台所用品のコーナー。

P1110675

コレはいわゆるコンロ。

水差しやコーヒーミルっぽいのも。

P1110673

P1110674

ポットがたくさん!

生活のコーナー。

P1110676

ゴゾはレースが有名。
そのレースを作るための道具・
いっぱいある小さい木っぽいのに糸を巻き付けてレースを編む。
なかなか根気のいるっ作業。

その他こんな機械でもレースを作ることができる。

P1110678

P1110679

編み機も大きなものから小さなものまで様々。

昔の生活用品たち。

P1110677

下のはカバンかな?
色褪せてるけど、今でもデザイン的にはあるカンジ。

当時のお洋服。

P1110680

お洋服までハチミツ色!

漁に使ったと思われる網たち。

P1110681

P1110682

P1110683

大小様々、カタチも様々。

かなり展示物が多いので続きは次回で。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。