ポルトに無事到着。
飛行機も22時30分ごろの到着予定だったので、この日は寝るだけ。
ポルトは実質1日のみの観光。
なのでいろいろ動いた割には昼寝もしてゆったり過ごせたかな~。

ランキングに参加しています。
今回泊まったホテルはコチラ。

P1020614

ホテルドノルテとゆーホテル。
booking.comで予約しました。

今回バックパックで行こうかな~と思ったけど、やっぱり荷物が多いのでスーツケースにしました。
バックパックならホステルに泊まろうと思ったけど、スーツケース巨大なので大人しくホテルに。

こちらは2泊で8000円ちょっと。
ユーロ安だったらもっと安いんだけど、しょーがない。

この値段ならエレベーターついてるだろーと思ったらついてなかった。
重い荷物を持って4階…死ぬ。

P1020359

しかも部屋に行くのにまた無駄に上り下りが…。
まぁ、キレイけどそのあたりはオススメではないです…。

階段の踊り場?にはイスが設置。

P1020362

まぁ、あまりくつろげなさそうなので座ることはなさそうですが。

2階にはちょっとした売店?的なもの。

P1020363

お水もココに売ってますが、結構高めです。

ちなみに23時くらいから24時に到着と予め伝えておいたのでホテルの玄関は開いてましたが、夜遅くなるとしまっちゃうっぽい。
でもフロントには人がいるから開けてもらえるみたいだけど。
24時過ぎに帰ってきた人たちは開けてもらってました。

お部屋はこんな感じでシンプル。

P1020357

ベッドが大きめなので嬉しい。

でもかなり狭いのでスーツケースは広げられなかった。

P1020358

今回は移動が多かったので基本スーツケースは広げず、その都度出し入れしてました。

ちなみにお部屋にドライヤーはありません。
いや、このクラスならあるだろうと思って探したけどない。
フロントに行くのも面倒だったのでそのまま寝ましたが、やはり翌日の髪はスゴイことに!
ドライヤーって偉大…。
翌日はフロントに行って借りました。

翌日起きたら曇ってる…。
そして肌寒い…。
もっとポルトガルって暖かいと思ってたぁ。

朝食は付いてないので、用意をして早速出発。
ホテルの目の前はアルマス礼拝堂。

P1020365

一面がアズレージョで覆われたキレイな礼拝堂。
中には入りませんでしたが、外観だけでも見ごたえ抜群。

この礼拝堂は18世紀の前半にたてられたもので、聖フランシスコ・アシースと聖カタリーナの生涯が描かれている。らしい

アズレージョの知識はほぼありませんが、どれも物語風になってるように思われる。

P1020366

多分1枚1枚ちゃんと見てたら奥深いんだろうなぁ。

そこから下ってポルトの玄関口のサンベント駅へ。

P1020386

コチラは20世紀の初めに修道院の跡に建てられた駅。
やっぱりヨーロッパの教会って趣きあるなぁ。
そしてありがちな落書きがないのがいい!

早速中に入ってみます。

P1020373

こちらの駅のホールは一面アズレージョでこれまた美しい☆
ちなみにポルトガルにアズレージョが持ち込まれたのは16世紀だとか。
全盛期は17世紀から18世紀らしーけど。
アズレージョの絵はポルトガルの歴史や文化の記録としてるんだってー。

駅のホールは旅行者以外の人もふつーに眺めてる人多数。

P1020367

よくみてなかったけど、下に多分アズレージョの絵の意味とか題名とか書かれてたんだろうね。
今気づいたw

これは悪人?が連れて来られてきたの図?

P1020369

マカオでも多少アズレージョあったかなぁ…と思うけど、やっぱ本場は違う!繊細!

キリストっぽいのもあり。

P1020366

1つ1つに物語があるのがステキ。
同じのってないのかな?

何世紀かの街の風景?

P1020374

全盛期のアズレージョはポルトガル・バロックを代表する青と白のものらしーんだけど、ほぼ青と白しか見なかったけど。
多分それ以降も青と白が基調なんだろね~。

でもよく見たら駅のホールの上の方は色使い鮮やか。

P1020371

こんな駅、めっちゃステキですねー。

カラーのタイルはこんな感じ。

P1020376

カワイイ!

上部のアズレージョも歴史が描かれたものっぽい。

P1020380

1枚1枚に描こうと思うと結構大変な作業。
いったいこの駅には何枚使われてるんだろ?

せっかくなので駅のホームにも出てみました。

P1020378

ヨーロッパの発車駅ってこう1列ってのが多いよね。
日本だと梅田の阪急の駅みたい。
参考にしたのかな?

ホントにとってもステキな駅でした。

P1020375

多分アタシが今まで訪れた駅のベスト1かも。
ポルトに来たら絶対みるべき1つかな~。

外観は結構シンプルなのにね。

P1020382

サンベント駅を満喫したら、続けて街歩き。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。