トランジットでの東京観光継続中。
スカイツリーまで来たものの、整理券or前売り券がないとタワーに上れないことを知り迷走中…。
と、すぐ横にすみだ水族館なるもの発見。
水族館なんていつぶりだろう…?
せっかくなので入ってみることに。

ランキングに参加しています。

だんだん暗くなって、スカイツリーはいい具合のライトアップ。

DSCN9198

その他のイルミネーションと合わさると、ステキ。
ただ、近すぎるのか、スカイツリー単体だとなんだか物足りない輝きなんだよねー。

その横にあったすみだ水族館。

DSCN9201

せっかくなので入ってみます。

ちなみに入場料2000円。
年パス4000円。
て、入場料が高いのか?年パスが安いのか?
友達に年パスを勧めたのにあっさり却下w
アタシなら買っちゃうかも。

アタシが知ってる水族館てのは、むかーしに訪れた大阪の海遊館とかなんだけど。
どうやらココは少し様子が違うカンジのオシャレ空間。

DSCN9202

テーマは海でしょうか…。
まさしく自分が海にいるような碧さ!

入ったら何やら自宅の水槽をめっちゃ豪華にしたような水槽…。

DSCN9203

金魚か…?
いろんな意味で謎。
近所の整骨院にこんな水槽あったっけなぁ…。

とりあえず小魚多し。

DSCN9204

いつもの悪いクセで説明書きを全く見てないので、金魚なのか、はたまたレア生物なのかが予測不可能。

なんか幻想的な空間に突入した模様。

DSCN9205

クラゲだ。
クラゲだよね、コレ。
クラゲってキレイだなーーーーーー。
でも何故クラゲ?

このコ達はめっちゃスケルトン。

DSCN9206

こんなにいたら、なんかわやくちゃになりそーなんだが。

その予感は的中。
別の水槽ですが、こいつら…絶対からまってるでしょ…。

DSCN9207

多分一生ほどけないんじゃないかと、いろんな意味を持って眺める水槽。

とりあえずこの水族館はクラゲに熱心なようで。

DSCN9208

クラゲの日々の移り変わりなんぞも展示してあり。
一言でゆーなら、クラゲ好きな人は是非どーぞ。

途中一言コメみたいな水槽もあり。

DSCN9211

うん、どこにいるのかわかんない。
もしかして岩っぽいの全体が生物?
いろんな想像力を掻き立てられるが、答えもナイ。
よって一生わかんない。

あ、これはわかる。

DSCN9210

なんかね、やどかりが背負ってんの。
意外とこんな狭い空間で一緒に暮らせるものなんだねー。

こんな生物初めて。

DSCN9209

確か性転換できる魚とか。
黄色がメスでピンクがオス…でも中にいるのはオレンジ…?
性転換途中なのかも。
どうやって子孫を残してるのかも謎…。

こんな一言コメ水槽は意外と楽しく、結構見入っちゃいました。

途中オシャレな水槽発見。

DSCN9212

ミラーボール?みたいなのが中に入ってて、こんな水槽みたことないんだけど。
魚的にはどーなんだろ?
てゆか、かなり空間減らされちゃってるしね。

すごい真っ黄色な魚発見。

DSCN9213

白目?っぽいとこまで黄色なんだよね、このコ。

サンゴっぽいのがとってもキレイ。

DSCN9214

この水族館は小型の魚多し。

わ、何これ。

DSCN9215




にょろにょろ一味発見。
てくらい、細長く、くねくね上に伸びてゆく謎の生物発見。

どーやらちんあなごとゆーこの水族館のアイドルっぽい。

DSCN9216

このコだけ黄色と白のストライプ。
砂からどんどん上に伸びてくんだけど、実際どんだけの長さなんだろ。
砂の下で絡まらないか心配…。

え?魚ってこんなにやる気ないの?って思う1枚。

DSCN9218

もう、枕かって思うくらいずーっとこのままデーンと寝そべってるんだよね、このコ。

この水族館一押しのペンギン。

DSCN9219

ペンギンって寒いトコってイメージだけど、同じ温度で暮らせるんだねー。
そのうちペットになるかも?

ペンギンって実は間近で見たこともなく。

DSCN9220

こんなに泳ぎが上手なことにびっくり!
そして早い。
絶対競争したら負けるわー。

そして最後は大量のお魚たちのフィナーレ。

DSCN9224

大きい水槽なんだけど、500ときかないくらいの魚が泳いでるんじゃないのかと。

この水槽は裏からもまわれ…。
こんな背の高さに合ったマルい穴から覗きこめます。

DSCN9227

小さな子供でも問題なし。

なんとなしに訪れた水族館だけどなかなか楽しかった☆
最後にまた友達に年パスに切り替えれば?とオススメしといたけど、さっくりまたもや却下されちゃいました。

隣にはお土産屋さんがあり、アイドルちんあなごがたくさん置いてありました。

そろそろ時間もなくなってきましたが、最後のソラマチ散策。
続きは次回で。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。