ナポリ3日目、カゼルタ宮殿を満喫したら、お次はカゼルタにあるアウトレットに行きます。
ナポリにアウトレットとかってあるのかなぁって思って検索したら1件ヒット。
アタシは王宮帰りに寄ったけど、帰りのバスはヒッチハイク並みにバスを止めたので、穏やかに行きたい方はナポリからシャトルバスがあるらしーのでそちらをオススメします。

ランキングに参加します。

ナポリのアウトレットの行き方はLA REGGIA DESIGNER OUTLETのサイトで確認。
これによると、ナポリからだと行きはムニピチオ広場から、帰りはテルミナスホテル前に片道5ユーロで連れてってくれるみたい。
その他カゼルタからバスもあるよと。
ソレントやポンペイからだと15ユーロでツアーバスもあるよと。

で、アタシはカゼルタからのバスを選択。
ココに書いてるC1RTってバスを探すもわかんないし。
その辺でぶらぶらしてる係員と思わしきおっちゃんに、このコピーを見せてココに行きたいんだけどどのバスに乗ればいいの?と尋ねるも、返ってくる言葉はもちろんイタリア語。
何回も同じ言葉を発せられるも、え?わかんない?ってゆってたら、紙に数字とアルファベットを書いてくれてこのバスだよと。
てかそのバスC1RTじゃなくてC1Rとかそんな感じだったと。
めっちゃやさしー、ナポリの人。
おそらく、もう発車するよと言われて、急いでバスに乗り込む。

乗り込んだらドライバーのおにーさんに、ココ行きたいんだけどってコピーの紙と一緒に伝える。
オッケーって言われて信じること20分、どうみてもさっき通り過ぎてんじゃないの?と思い、おにーさんにアウトレット通り過ぎてない?と確認すると忘れてた!とW
1駅分通り過ぎちゃったじゃないー。
向い側で待ってたらバスに乗れると言われたけど、1駅分なら歩いたほうが早いなと思い、汗だくになりながら10分ちょっと歩く。

で、やっと到着ー。

DSCN8477

ま、ふつー車でくるわな。
もしくはシャトルバス。
アタシみたいな路線バスで来る人はほぼいないと…。

ココはとゆーか基本ヨーロッパって屋外型のアウトレットなのかな?

DSCN8478

春とか秋とかはよさそうだけど、この日はもちろん暑かったー。

ローマにもあるカステルロマーノのアウトレットと同じ系列。
ローマでもアウトレットに行くつもりだったんだけど、わざわざココにも立ち寄ったのはローマにはないPRADAのアウトレットがあるから。

DSCN8479

他はローマでゆっくり見るとして、とりあえずプラダでめーっちゃ悩みまくる。

で、購入したのはコレ。

DSCN8483

A4サイズがすっぽり入る大きさのトートで。
見た目ファスナーで閉まるカンジに見えますが。真ん中は大きく開いてて、両外側にファスナーがあり、そこにも入れれる3段構造。
もちろんレザーで。
色はピンクベージュなカンジで合わせやすい。
いらないけどストラップもついてお値段620ユーロ。

おねえも何か買ってきてとゆーことで、電話で相談しながら。

DSCN8482

こちらも大きめトートです。
いらないけどストラップ付。
色はなんでも合わせやすいベージュで、型押しのレザー。
お値段550ユーロ。
もちろんタックスリファウンドもお忘れなく。
2つで148ユーロ戻ってきた☆

さっくりREPLAYでもお買いもの。

DSCN8484

デニムはストレッチの効いた濃紺のスキニーで、上はグリーンのスカート。
2つで92ユーロ。
デニムは日本で2万以上するから、気にいったのがあれば買いだねー。

あとはスニーカーが欲しいと思ってたので、CAMPERでポイントになる黄色のスニーカーを。

DSCN8485

お値段55ユーロとお手頃。

2時間くらいお買い物を楽しんだら、ナポリに帰ります。
ナポリに帰る方法としては…。
シャトルバス→19時までないらしーので、ちょっとそれはさすがにムリ。
なのでカゼルタまで戻るか、バスでナポリまで行くか…。
さっき乗ってたバスはナポリ行きだったから大丈夫なはず…とバス停へ。

といってもバス停はアウトレットの中にあるわけではなく、もちろん道路で待つ。
で、これがおそらくバス停…w

DSCN8480

いや、バス停らしきもの何もないですけどね。
奥にある木の先がアウトレットで。
この辺りに止まったような気がしたから…。
ちょうと曲がり角のとこらへんなので、注意深くバスが来るのを待ち、ナポリ行のバスが見えたら手を振ってアピールとちょっとしたヒッチハイクw

無事バスに乗りこみアジア人どころか観光客が1人もいないバスで約1時間かけてナポリ駅前に戻ってきました。
ちなみにバッグ2つも買って大荷物だし、PRADAとか書いてる紙袋を持って乗るのもどうかと思ったので、エコバッグに全て押し込みましたw

DSCN8481

以前にベガスで買ったホールフーズのエコバッグが大活躍。

とにかくめーっちゃ疲れた。
時間は15時半…。
お腹すいたー。
でも先にスーパーに寄ろう!ってことで、ナポリの駅近くのスーパーへ。

DSCN8487

この辺りは浮浪者的な人もいて、ちょーっと治安がよくなさそうだけど、このスーパー自体20時までしか開いてないから夜遅くに通ることはないんだけど。

なんかお土産になりそうなものないかなぁと見て見ましたが特にはないなぁ。
てことで、お部屋飲みワインとお水のみ購入。

DSCN8488

ちなみに同じ品物であれば、ローマのテルミニ駅のスーパーよりちょこーっと安かったかな。

あ、ちなみにこの日は服装を撮ってたので、こんな恰好で街歩きしてました。

BlogPaint

いや、もう暑すぎて、デニムとかのいわゆる丈の長いパンツはムリなので、ショーパンとかばっかり履いてましたー。

スーパーから戻り、お腹が空いたので、この日はディ・マッティオのピザを食べに。

DSCN8497

入口は狭いカンジですが、2階席もあり広々。

中途半端な時間だけあって、お客も2、3組。

DSCN8491

ちなみに日本語メニューもあってびっくり。
でも、後から来た韓国人のコにも日本語メニュー渡してた…w
東洋人は見分けはつかないよねー。

ココには生ビールがあったので、もちろん生ビールをオーダー。

DSCN8492

おいしー。
生き返る。
ちなみに大と小があったから大を頼んだら、ちょっとびっくりされた。
え?みんなふつー飲むでしょ。

頼んだのはマルゲリータ。
でもふつーのより水牛のモッツァレラのマルゲリータのほうがオススメとのことでそちらを。

DSCN8494

コレがまじうま。
前日のも美味しかったけど、こっちの方が数倍美味しい。
水牛のモッツァレラ効果か?

で、コチラももちろんめっちゃデカい。

BlogPaint

アタシのカラダの幅よりもデカいんじゃないかと思うくらいのおおきさで。
ちなみにビールも結構デカかったねー…。

これでお値段7.5ユーロとゆー安さ。
ビールも入って1000円で大満足な夕食。

ゴハンの後はぷらぷら歩きながらダンテ広場へ。

DSCN8498

この時点で20時くらいなんだけど、全然陽が沈まない。
このダンテ広場のダンテとは、『神曲』で有名なイタリアのな詩人、ダンテ・アリギエーリのこと。
アタシは神曲については何も知りませんが…。

せっかくなのでココから1つ先のトレドまで行ってみることにします。
続きは次回で。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。