鬼太郎に会いに行く旅。
この日1日は鬼太郎DAYとゆーことで、米子駅からテンション上がりっぱなし。
鬼太郎の故郷、境港へ行くには謎のホーム、0番ホームに行かなくては。

ランキングに参加しています。

8時半の列車に乗るために、8時にホテルをチェックアウト。
ホテルから駅までは徒歩3分もかからないくらい。
なのに、時間が足りないくらい楽しい0番ホーム。

0番ホームの案内板。

DSCN2052

何故か韓国語表示も…。
そういえば砂丘にも韓国人いたなぁ。
ひそかにブーム?

その近くの階段は既に妖怪モード。

DSCN2051

そう、この駅はねずみ男駅。

とはいっても、主役の鬼太郎ももちろんいらっしゃいます。

DSCN2058

ココから帰る人は最後まで鬼太郎に見送られる。

0番ホームは米子駅からねずみ男駅へと変わります。
主役級のキャラクターがお出迎え。

DSCN2054

一反木綿がかわゆいー。

鬼太郎とおやじもお見送り。

DSCN2055

うん、いっぱい妖怪に会ってくるよー。

あ、妖怪列車。

DSCN2053

コレを見たとき、新車のこなきじじぃ列車?って思ったけど。

どうやら全員集合列車。

DSCN2057

主要キャラクターが描かれてます。

先頭車両(といっても2車両だけど…)が鬼太郎列車でした。

DSCN2070

できれば猫娘列車が希望だったけど、30分に1本しかない列車で待ってられないし、待つ気もナイ。

側面はこんな感じで全員大集合。

DSCN2077

じゃあ、やっぱり後ろの車両はこなきじじぃ列車?

鬼太郎列車の中は座席まで鬼太郎。

DSCN2079

こんなに描かれてるとちょっと怖い(笑)。
ちなみに後ろのこなきじじぃ列車は中にイラストがなかったので、やっぱりただの車両な感じ。

天井にも鬼太郎。

DSCN2080

逆向きだけど…。
キジムナー?らしきコと戯れてます。

ホームに戻って…観光地には必ずある顔入れ写真。

DSCN2061

ねずみ男の下にも小さな顔出しがあるけど、コレはなんで?

そしてココから境港までは妖怪の名が駅名になっています。

DSCN2059

ま、もちろんホントの駅名も書いてありますが。
じゃないと、アタシの家コロボックル駅から徒歩5分とか意味不明だもんね。

駅のベンチも鬼太郎。

DSCN2071

その他、猫娘とかねずみ男とかのベンチもあったけど、さすがに座ってる人にのいてくださいとは言えない…。

構内には鬼太郎に関する作品が展示されてました。

DSCN2067

これ、何気に後ろのぬりかべがいい味出してると思う。

それでは時間になったので妖怪の街までしゅっぱーつ。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。