カンクン4日目、コバ遺跡の最大の見どころであるノホッチ・ムル・グループのピラミッドの頂上には1時間弱ほど滞在していたような…。
旅行に行くときは、二度と行けないかもしれない…と思う存分心に焼き付けるようにしています。
ピラミッドからの風景を思う存分心に焼き付けた後は、残る遺跡群へ。

ランキングに参加しています。

ノホッチ・ムル・グループのピラミッドの近くにラス・ピントゥーラス・グループがあり、ここにも球技場や小さめのピラミッドが。
こちらはクロスロード・ピラミッド。

CIMG0768

なんとなくおにぎりに見えてしまうこのピラミッド、トゥルムからチチェンへ行く道の道しるべだったんだとか。
実はこれ、宿屋だったりして…と思ったり。
物々交換をする場所説もあるので、トゥルムとチチェンの商人がここで物々交換をしてたのかな?

近くには石碑も。

CIMG0767

これだけでは全くわからず、横に解説?が。

CIMG0766

ま、こーゆー絵なんだよーってことなんですが、でもわからず。
とりあえず横向き人物が多いって感じ。
だいたい藁ぶきの屋根がついているのですが、雨よけ?日よけ?

CIMG0772

クロスロード・ピラミッドとは別に小さなピラミッドもちらほら。
隣には柱のようなものも多数。

CIMG0773

何かの住居だったのかなー?
途中で疑問に思ってたことなのですが、ピラミッドは多数見つかってるのに、多くの人が生活していたと思われる都市で住居的なものは見つかってないなぁ。
一般市民の住居はこのような石造りでなかったから残らなかったのか…。
勝手に深まる謎。

このピラミッドは登れなかったのですが、上に神殿なのか建物が。

CIMG0775

ピラミッドの上には建物?神殿?を建てる習慣的なものがあったのかなー?

このピラミッドを後にして、またもや自転車を走らせること約1キロ。
もちろんジャングルの中を。

CIMG0776

グランピラミッドからだと約2キロ走ることになるので、結構ぜーはー言いながら着いた先はマカンショク・グループ。
ま、ここはピラミッドがあるとか、球技場があるとかではなく、いろんな出土品が飾られてる地域。

先ほどのような石碑が何ヵ所も飾られています。

CIMG0780

似たりよったりの絵にしか見えないのですが…マヤ族の思想感?的なものを感じられるかも…。
ちなみにアタシは歴史は大好きですが絵的なものには全く興味がナイので…あまりよくわかりません。

所々、このような建物らしきものも。

CIMG0781

あまり大きくないし、このあたりが住居的なものが多かったのかなーと勝手に想像。

途中えらくキレイな中途半端な遺跡も。

CIMG0782

修復途中でやめちゃったのかな?

もちろんこのあたりもジャングルなんですが、木々が面白いことになっている。

CIMG0783

分かりづらいですが、一つの木の枝?があらゆる木に巻きつきながら伸びている、一人で生きていけない木。

ここのグループは大きな見どころがナイので、時間があったら行ってみたらいいかなーと個人的には思いました。

帰りのバスの時間まであと1時間ちょっとありましたが、だいたいの見どころは見れたので遺跡を出ることに。
ただビーサンで回っただけあって、足がヤバいくらい黒い。
足をふきましたが、またコレ、一生取れないんじゃないかってくらい真っ黒(笑)。
スニーカーで行くことをお勧めします。

遺跡を出た入口のところにあった売店でアイスを。

CIMG0788

果肉がゴロゴロなんですが、なんか辛い?
と思ったらチリパウダー入りアイス。
チリパウダーは油断すると、アイスやスムージーにたくさん入ってます。
好みはわかれると思いますが、アタシはナイほうに1票。

こかっぺさんはお土産屋を見るとゆーのでアタシは近くのお店でビールを1杯。

CIMG0789

結構キレイなお店でビール1杯25ペソの良心的価格。
オーダーはよくわかんないので、レジで注文。

CIMG0790

1人でぐびっと飲んでると、おじさんがワカモレを持ってきてくれましたー。

CIMG0791

このワカモレが激ウマで。
ビールしか飲んでないのにいいのー?って思いながら、ぱくぱく有難くいただきました。
まさにメキシコのNO1ワカモレで美味しかったー。

15時半のバスに乗って、今度はプラヤデルカルメンに移動です。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。