マカオ2日目、世界遺産巡りの途中ですが、さすがに歩きっぱなしで疲れたーってこともあり、ここで一息入れることに。
ガイドブックにマカオにもアフタヌーンティーがあるってことでちょっくら行ってみることにしました。

ランキングに参加しています。
ガイドブックに載っていた中から選んだのは、ロックスホテルにあるヴィックズカフェ。
セナド広場から遠く離れた、といってもタクシーで10分かかりませんが…、フェリーターミナルの近くのフィッシャーマンズワーフの中にあるホテルです。

このホテルはヴィクトリア調とゆーかとってもロマンティックな感じ。

CIMG4532

ロビーとかちょっと座りづらい雰囲気。
白を基調とした女の子が好きそうなホテル。

CIMG4531

ロビー奥にあるヴィックズカフェ。

CIMG4533

このカフェは意外とカジュアル。
そして遭難するくらい寒い。

アフタヌーンティーをオーダーして少し待つと紅茶が運ばれてきました。

CIMG4526

うーん…、安いエルメスっぽい食器が残念。
でも実は高かったりして…?

アフタヌーンティーは3段トレイで運ばれてきました。

CIMG4527

すんごい小さいです、コレ(笑)。
実は英国式アフタヌーンティーを想像してたんですが、どちらかとゆーと中国的な感じ…?

まず1段目。

CIMG4530

サンドイッチと…あとはなんだったかな…?
きゅうりの上になんかのってますね。
見た目はちょっとお世辞にも美味しそうではないんですが、意外と美味しい(笑)。
この味は忘却の彼方ですが、恐る恐る食べたら結構いけるやん!って感じだったなぁ。

続いて第2のお皿。

CIMG4529

こちらはタルトのプレート。
これも見た目微妙なんですが、いや、結構美味しいんですよー、ほんとに。
いい意味で見た目と味のギャップがすごい。
左のドラゴンフルーツっぽいのが一番好きだったかな。
チョコも甘すぎじゃなくて食べやすい。

そして3段目。

CIMG4528

これもケーキたち。
こちらもふつーに食べれるお味。

ただ残念なのは、スコーンがないってこと。
アフタヌーンティーといえばスコーンなのに、そういったコナモノが全くないのが残念で仕方がなかったー。

ちなみに翌日フォーシーズンズホテルに立ち寄った時にアフタヌーンティーをやってるカフェがあったので、次回はそこにしたいな。
とは言っても飲み物付きで1人68パタカで750円くらいなので、それにしたら結構よかったんじゃないでしょうか?
次回行く時は、英国式アフタヌーンティーのお店を調べたいと思います。

そして、ここからまたセナド広場に戻るのですが、タクが来ないので近くの大きなホテルまでちょっくらお散歩。
その途中には至る所にこのコがおりました。

CIMG4534

上海万博のマスコット。
このマカオの狭い範囲で3回くらい見たし、このコ5分前にもいたな…ってくらい近い場所にもありました。

そろそろ夕方になってきましたが、駆け足で世界遺産巡り続行です。
次回も楽しみにしてくださる方はクリックをお願いします。