デスバレーから2時間半の道のりを経て、くたくたになりながらやっとこさストリップまで戻ってきました。


19時からショーの予定があったので、そのまままっすぐランスバートンのショーのあるモンテカルロへ。
車でくるのは初めてだったのでフリーパーキングがわかるか不安でしたが、なんなく到着。

このときは18時だったのでとりあえずチケットブースへ。
早く行けばいい席とれるよーと言われてたのですが、早くいける余裕もなくかったのでバルコニー席と思ってたのですが、前から5,6番目の真ん中の席をとってくれましたー。
これで割引価格1人47ドルくらいだったのでお得すぎるー。


まだちょっと時間があったので、モンテカルロの前のm&mへ。
でも時間があまりないので(笑)ぱーっと物色。

CIMG3022







m&mチョコの量り売りはとっても買いたくなっちゃう。
けど、チョコは得意じゃないので買いません(笑)

ここではゴルフをする友達と、会社の人用にゴルフボールをゲット。
1個3ドルくらいです。
ゴルフボールって結構高いのね…。
後日隣のコカコーラでゴルフのピン?セットと一緒にお土産としました。


そろそろ時間がやばくなってきたので、モンテカルロに戻ります。
5分前くらいに席に到着。
始まるまで少しの時間でしたが、疲れすぎて眠りこけてましたー。

ランスバートンのショーはハトを使った古典的なものから、瞬間移動的なものまで多彩。
こんなに近くでマジックを見たことがないから興奮しまくり。
どうやってもタネがわからないんですよねー。
でもタネがわかっちゃったら楽しさも半減しそうなので、この知りたいけどわからないとゆーか教えてもらえないのがワクワクしちゃうんだろうなー。

後日行ったミスティアのショーもそうでしたが、観客参加型なところがとっても楽しいー。
小さな子供達は『誰か手伝ってくれる子供達、4、5人でておいでー』と呼ばれてましたー。
羨ましいー。
でも僕も私もと10人以上がステージに上がってました。

最後には一番前に座ってた日本人の方がステージに呼ばれて、ランスと一緒にショーを盛り上げてましたー。
こんな観客一体型ってなかなか日本にないから、とってもワクワクしちゃう。
心の中で呼ばれたらどうしようーってひそかに願ってたりして(笑)
まーその場合はやっぱり一番前の席をとらなきゃいけないんだろうなー。


ラスベガスでショーをみるなら、マジックと思ってたので期待を裏切らない素晴らしいショーでした。
さすがはエンターテイメントの街ラスベガス、この日は自然にショーにと大満足の1日でした。

ショーが終わったのは8時半過ぎくらいだったので、この日はサンドイッチを食べて以来何も食べてなかったのでお腹ぺこぺこ。
さすがにパン系はちょっと胃もたれ気味だったので、韓国料理のトーフーハットにディナーを食べに行きます。