ながーい拘束時間から解放され、やっと自由の身に。


到着ゲートはターミナル1だったかな。

今までなぜかターミナル2だったので、こちらは華やか。

スロットマシンのお出迎えに心踊らせながら、荷物をとり、目指すはレンタカーセンターのシャトルバス乗り場。


全てのレンタカーが集まってるこのレンタカーセンターはとても便利。


バスで移動すること約5分。
目指すはアラモのカウンター。

10人程度並んでたのですが、これまた1人1人が長い。

並ぶこと30分、やっとまわってきました。

予め予約していたバウチャーと日本の免許証、国外免許証を見せます。

もともとフルカバーの保険に税金も込み込みのプランを申し込んでいたが、さらに保険充実プランを勧められ…。

ともみの運転を心配する家族たちが、アメリカは補償の国だからと説得され、念のため入ることにしました。

もちろんお世話にはなりませんでしたが(笑)

何かあったら怖いしね。
プラス50ドル程でした。

そして今度は3人だったらもっと大きい車がいいとセールス。

ともみは大きい車は運転できないから、とゆってるのに、いやいやそんな大きくないよと、しばらくこのやりとり。


長い訳がわかります…

結局、絶対ヤダとゆーことでキーを受け取り、コンパクトの中から適当に好きな車を選んでね、と。

あまり台数がなかったので、適当にヒュンダイの車にしたのですが、後から気づいたのですが、この車、窓が手動(笑)

すごく後悔。

よく見て選ばなきゃダメですね(笑)

ストリップまではすぐなので車でびゅーんと行くはずが、レンタカーセンターを出た途端、右か左かわからない(笑)

後ろから車もきてたのでしばらく走って見つけたガソスタでストリップどこ~と聞いて、無事走り出せたのでした。


ストリップは工事中で、走りにくかったけど、なんせ1本道なのでここから先は迷うこともなくバリーズへ。

セルフパーキングはパリスと共有かな?

まあ、いろいろ時間もかかりホテルに着いた時は17時になってましたー。