旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

January 2010

ラスベガス4日目 ファッションショー①

ラスベガス滞在も早いものでもう4日目。
2日目にアウトレットでお買物しましたが、まだまだ買物したい病があったので、この日はストリップでお買物をすることに。


だんだん起きるのが遅くなってくるのですがこの日も11時くらいに目覚めたので、ちゃちゃっと用意をしていざ出発。

ファッションショーはストリップ一のショッピングモール。
ホテルから歩けないこともないけど、荷物も増えるかもしれないので、車でビューンと。
でも意外に歩いたら遠いかもって思っちゃう距離。
5分程度でファッションショーに着き、パーキングに車を止めようとしますが、結構満車に近い感じ。
うろうろぐるぐるしてると、ちょうど出る車があったので、やっとこさ車を止めたら、お腹も空いてることだし先にブランチを食べちゃいます。

パパッと食べたかったのでフードコートへ直行。
フードコートといってもあんまり種類がないなー…って感じです。
ハワイとかにあるヤミーはめっちゃ大好きなので、そういったものを探しますが、パンダエキスプレスくらいしか見当たらないー。
パンダは大人気でしたが、なんか食べる気がおこらないなー・・・
とくるくる回ってると、ギロの文字が。
ギリシャで食べたのがすんごい美味しかったので、ここに決定。
他のみなさまも特に食べたいものがなかったらしく、同じ物に。

ギリシャと比べたらかなり大味、量も特大に変化されてましたが、まーこんなもんでしょって感じ。
リピートはないかな(笑)
お値段は単品で7ドルくらいで、ストリップ値段。
まーお買物にきてるからしょうがないかな。

でも次はどこかで食べてからお買物に来ようと決心しました(笑)

ちゃちゃっと食べたら、まずはニーマンからお買物に向かいます。
ニーマンはハワイでも大好きなお買物スポット。
ウィンドーショッピングだけでも楽しい☆

次はファッションショーのお買物編をお届けします。
ちなみにしばらく写真がありませんので、あしからず…

ラスベガス3日目 トーフーハット

デスバレーから帰ってそのままショーに突入したので既にお腹がぺこぺこ。
急いで車でディナーに向かいます。


この日はショーの会場が寒かったのもあり、結構冷え冷えしてしまったので、あったかいものが食べたくなってしまったのと、お肉とゆーよりも、サンドイッチに少し胃もたれを覚えてきたので、韓国料理屋さんのトーフーハットに行きました。

ベラッジオより車で10分もかからないところにお店はあります。
焼肉をするか聞かれたのですが、チゲを食べたい気分だったので、焼肉は断りましたー。
写真が全くないのですが…

ともみとおねえはシンプルな豆腐チゲ、ママは餃子が入っているチゲをオーダー。
まず、韓国と同じく色々なおかずが運ばれてきます。
確かキムチやナムルやチヂミ等など。
本場韓国と比べたらちょっと少ないかもだけど、十分なおかずに満足。

そして、あつあつのチゲが運ばれてきます。
辛さも確か5段階くらいから選べたはず。
ともみとおねえはちょっと辛めの上から2番目。
ママは辛いのが苦手なので真ん中の辛さをチョイス。

冷え冷えした体にあっついチゲがとってもおいしー。
量も多くて全部は食べられませんでした。

お値段はどれも8ドルほどでお手頃。
みんなで30ドルほどで、美味しくて大満足。

その後VONSに寄り道してシュークリームを買い、そそくさと寝ればいいところを、カジノに行ってしまいこの日も寝たのが3時を過ぎてしまいましたー。
この日はバリーズとパリスで遊んだのですが、あまり相性がよくなく250ドルほどまけてしまいましたー。

次はストリップのお買物に続きます。


ラスベガス3日目 ランスバートンショー

デスバレーから2時間半の道のりを経て、くたくたになりながらやっとこさストリップまで戻ってきました。


19時からショーの予定があったので、そのまままっすぐランスバートンのショーのあるモンテカルロへ。
車でくるのは初めてだったのでフリーパーキングがわかるか不安でしたが、なんなく到着。

このときは18時だったのでとりあえずチケットブースへ。
早く行けばいい席とれるよーと言われてたのですが、早くいける余裕もなくかったのでバルコニー席と思ってたのですが、前から5,6番目の真ん中の席をとってくれましたー。
これで割引価格1人47ドルくらいだったのでお得すぎるー。


まだちょっと時間があったので、モンテカルロの前のm&mへ。
でも時間があまりないので(笑)ぱーっと物色。

CIMG3022







m&mチョコの量り売りはとっても買いたくなっちゃう。
けど、チョコは得意じゃないので買いません(笑)

ここではゴルフをする友達と、会社の人用にゴルフボールをゲット。
1個3ドルくらいです。
ゴルフボールって結構高いのね…。
後日隣のコカコーラでゴルフのピン?セットと一緒にお土産としました。


そろそろ時間がやばくなってきたので、モンテカルロに戻ります。
5分前くらいに席に到着。
始まるまで少しの時間でしたが、疲れすぎて眠りこけてましたー。

ランスバートンのショーはハトを使った古典的なものから、瞬間移動的なものまで多彩。
こんなに近くでマジックを見たことがないから興奮しまくり。
どうやってもタネがわからないんですよねー。
でもタネがわかっちゃったら楽しさも半減しそうなので、この知りたいけどわからないとゆーか教えてもらえないのがワクワクしちゃうんだろうなー。

後日行ったミスティアのショーもそうでしたが、観客参加型なところがとっても楽しいー。
小さな子供達は『誰か手伝ってくれる子供達、4、5人でておいでー』と呼ばれてましたー。
羨ましいー。
でも僕も私もと10人以上がステージに上がってました。

最後には一番前に座ってた日本人の方がステージに呼ばれて、ランスと一緒にショーを盛り上げてましたー。
こんな観客一体型ってなかなか日本にないから、とってもワクワクしちゃう。
心の中で呼ばれたらどうしようーってひそかに願ってたりして(笑)
まーその場合はやっぱり一番前の席をとらなきゃいけないんだろうなー。


ラスベガスでショーをみるなら、マジックと思ってたので期待を裏切らない素晴らしいショーでした。
さすがはエンターテイメントの街ラスベガス、この日は自然にショーにと大満足の1日でした。

ショーが終わったのは8時半過ぎくらいだったので、この日はサンドイッチを食べて以来何も食べてなかったのでお腹ぺこぺこ。
さすがにパン系はちょっと胃もたれ気味だったので、韓国料理のトーフーハットにディナーを食べに行きます。


ラスベガス3日目 デスバレー②

ラスベガス3日目、デスバレーで無の世界を体験中のともみ達はデスバレー国立公園の中を一気にドライブ中です。


見所がたくさんありすぎなデスバレーはガイドブックや事前に見たネットを参考にポイントを絞ってドライブ。

CIMG3004






続いて向かったのは悪魔のゴルフコースというポイント。
バッドウォーターから車で10分ほどの距離。
実際にゴルフコースでないですが、自然の力強さを感じます。

CIMG3010












しばしここで佇んでみました。
まさにTHEアメリカって感じ。
日本では見ることのできないアメリカに感動しまくり。



デスバレーは広大なのであまり時間も無く、続いてアーティストパレットに向かいます。
アーティストパレットはその名から想像できるとおり、カラフルの色合いの岩たちが見れます。
ここも車を置いてその景色を眺めるのかなーと思ってたら、ドライブコースになってました。

CIMG3019







ちょっとわかりづらいですがパステルカラーの色合いの岩が並んでます。


この岩たちを眺めながらのドライブですが意外に長いんですよねー。
もう、お腹いっぱいくらい眺めすぎて、出口はまだー?って思っちゃいました。


その後スタート地点のインフォメーション近くに戻ってきて、デスバレーの広大な景色を見渡せるダンテスビューに向かうのですが…
道標?通りに進むのに走れど走れど辿り着けず…
確かそんなに遠くないマイル表示だったのに小一時間走ってもわからなかったので、途中で、残りのサンドイッチを食べ、ストリップに戻る事に。

いったいどこにあったんだろう?
それだけがこのデスバレーでの心残り。
でも、自分で運転して、地球の自然を感じられたのは素晴らしい。
ツアーだったら、ポイントに着くまで爆睡ってパターンなので(笑)。(前回のグランドキャニオンがそうでした(笑))
なので、グランドキャニオンよりも数倍感動してしまったのでした。


ただ、帰りも2時間半ほどの道のりはさすがに一人運転はつらく、途中何度も眠くなり、ガムを噛みしめ、嵐の音楽ののりのりさに何度助けられたことか(笑)
あまりにも眠いので、行きと同じガソスタで休憩。
そういえば、行きにここで給油したのですが、海外オンリードライバーのくせして毎回ガソリンの入れ方がわからない(笑)
たいがいまごまごしてたらその辺の人が助けてくれるのですが、朝は人がいなく、まごまごすること数分。
みかねたお店の人が店からでてきてくれて、教えてくれましたー。
ありがとうございますー。

ストリップに戻ってきたのはもう18時近く。
ショーが19時からの予定なので、そのままモンテカルロに向かいます。


次はランスバートンショーをお届けします。
残念ながら写真は全然ないですー。

ラスベガス3日目 デスバレー①

前日は早めにとゆっても寝たのは12時。
早めにデスバレーに行かなきゃ、だんだん起きるのが遅くなって行けなくなりそうなので、頑張って起きました。


この日は起床5時過ぎ。
デスバレーは約3時間かかるので、頑張って6時過ぎに出発しても9時を過ぎちゃう。
この日は19時からショーの予定もあったので、ちゃちゃっと支度をして出かけることに。


朝昼兼ねてハードロックカフェのアール・サンドイッチでサンドイッチを仕入れ、早速出発。
写真はとってないのですが、ローストビーフと野菜、ジャムと野菜?の3種類を購入。
これまたふつーに大きいサンドイッチですがお値段5.95ドルの一律価格でとっとも良心的。


もちろん初めての道なので、日本からグーグルマップで詳細に地図をコピーしたので、もちろんちょっと迷いましたが、なんなく到着。

間違えたのはダウンタウン付近で道が2つに別れてるんですよねー。
どっちに行くべきか迷ったところ違う方に行っちゃって、いったん高速下りて乗り場を探してと15分くらいロスしてしまいましたが、その後はいわゆる1本道なので、進むのみ。
途中で念のためガソリンを入れて、買ったサンドイッチを半分食べてとしましたが、9時過ぎには現地到着。
でも、やっぱり道のりは長くて、風景も単純なので眠くなりそうなので、長いドライブにはCDが不可欠。
ともみは嵐のベストを持っていきました(笑)
やっぱり元気な曲のほうが長い道のりはよいです。
運転しながら盛り上がっちゃいましたー。



CIMG2986







まずは入り口付近にあったスポット(名前は忘れました…)で車を降りると別世界が。
風景より何より音の無い『無』の世界にびっくり。
少なからず街に住んでる私たちは、何かしらの音をいつも聞いてるんですが、ここは鳥とかもいない砂漠。
全く音が無く一瞬耳がおかしくなったのかと思ったくらい。
早速の感動。

CIMG2991







一面の自然を大きさを感じさせる風景に圧巻。



デスバレーというよりもアメリカの国立公園はとても広いので、もちろん公園の中を車で。
ちなみに車一台の入園料が10ドルか20ドルだったと思います。
途中あらゆるところにある自販みたいな機械で購入。
有効期間が1週間だったんだけど、滞在中にはもう行かないかなー。
途中のインフォメーションセンターがあるところで一息ついたら、西半球で最も低い場所とゆわれるバッドウォーターへ。

CIMG3002







ところどころ白く見えるのが塩なのです。
ママがちょっと舐めてみると塩なだけに辛いとのこと。

CIMG2997







おねえが歩いている所をパチリ。
道の先には現代的なものは何も見えない、まさに地球。

CIMG3000







反対側の歩いてきたスタート地点をパチリ。
ママが立ち止まって塩を舐めているよう(笑)

CIMG3001







右を見ても左を見ても自然の力強さを感じます。
日本にいては絶対に出会えることのない風景に感動の連続。
ちなみにインフォメーションからこの見所で一番遠そうなバッドウォーターまで20分ほどかかりました。

次はまた車で少し戻ったところの悪魔のゴルフコースへ向かいまーす。

人気ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード