旅いちご

弾丸旅行と夏・冬の長期休暇を利用しての短期で海外旅行! 目標は全世界…をまわること!

December 2009

ラスベガス 到着編

ながーい拘束時間から解放され、やっと自由の身に。


到着ゲートはターミナル1だったかな。

今までなぜかターミナル2だったので、こちらは華やか。

スロットマシンのお出迎えに心踊らせながら、荷物をとり、目指すはレンタカーセンターのシャトルバス乗り場。


全てのレンタカーが集まってるこのレンタカーセンターはとても便利。


バスで移動すること約5分。
目指すはアラモのカウンター。

10人程度並んでたのですが、これまた1人1人が長い。

並ぶこと30分、やっとまわってきました。

予め予約していたバウチャーと日本の免許証、国外免許証を見せます。

もともとフルカバーの保険に税金も込み込みのプランを申し込んでいたが、さらに保険充実プランを勧められ…。

ともみの運転を心配する家族たちが、アメリカは補償の国だからと説得され、念のため入ることにしました。

もちろんお世話にはなりませんでしたが(笑)

何かあったら怖いしね。
プラス50ドル程でした。

そして今度は3人だったらもっと大きい車がいいとセールス。

ともみは大きい車は運転できないから、とゆってるのに、いやいやそんな大きくないよと、しばらくこのやりとり。


長い訳がわかります…

結局、絶対ヤダとゆーことでキーを受け取り、コンパクトの中から適当に好きな車を選んでね、と。

あまり台数がなかったので、適当にヒュンダイの車にしたのですが、後から気づいたのですが、この車、窓が手動(笑)

すごく後悔。

よく見て選ばなきゃダメですね(笑)

ストリップまではすぐなので車でびゅーんと行くはずが、レンタカーセンターを出た途端、右か左かわからない(笑)

後ろから車もきてたのでしばらく走って見つけたガソスタでストリップどこ~と聞いて、無事走り出せたのでした。


ストリップは工事中で、走りにくかったけど、なんせ1本道なのでここから先は迷うこともなくバリーズへ。

セルフパーキングはパリスと共有かな?

まあ、いろいろ時間もかかりホテルに着いた時は17時になってましたー。

ラスベガス 出発編④

関空を飛び立ってから半日たった頃、ようやくシアトルに到着。
もう、くたくたとゆーよりもヨレヨレ(笑)



シアトルは初めての空港。

シアトルの入国審査は厳しいとゆー噂にドキドキ。
朝7時頃だったため、到着したのは乗ってきた飛行機くらいだったのですが、早朝だからか職員の数が明らかに少なく…
しかも最後のほうだったので、30分くらいかかったかも。


ともみが入国審査を受けた係員は、誰とどこに行くの?と聞いて、家族でラスベガスと答えるととってもフレンドリーで、いいわね~とゆってサクッと終了。

でも、別の列にいた仕事でひとりで来た感じの男性は、かなり長いことかかってたようでした!



ここからまた4時間半ほどの地獄の待ち。

シアトルの空港はとっても広いんだけど、広いだけってゆー印象で、移動も電車を乗り継いでととても大変。

とりあえず、ゲートが決まるまではスタバで朝ご飯でもと休憩。

カプチーノとスコーンを頼んだけど、このスコーンが甘いのなんのって…。
ずっとジャンキーなご飯ばっかりなのと疲労で胃もたれ。

そして日本時間深夜のため、かなりの眠気が…

ここから待ちの時間全てと飛行機2時間半は全て爆睡。

国内線はアラスカ航空だったのですが、おねえ曰わく、ドリンクサービスがタリーズか何かでよかったと。

ドリンクサービスにも気づかず垂直のままベガスへ。


これにて地獄の乗り継ぎはいったん終了(笑)
帰りはもうふらふらでした(笑)

ラスベガス 出発編③

まだまだ続く、長い乗継編はやっとこさ日本脱出。
シアトル行きの機内。
まだまだ、文字だけシリーズです。



もう関空に着いてから考えると、6時間を経過しています。

飛行機は満席でなかなか窮屈。

すぐに寝れたらよかったんだけど、実際座ったまま寝るのはかなり寝づらく…。

結局シアトルまでの8時間は小1時間くらいしか寝れませんでした。



結局買いだめした本たちと過ごした機内。

機内食は基本食べれないので、持ち込んでたポテチをバリバリ食べてました。

いつもはおにぎりを持ち込むのに、この日は成田で食べるかなと思ってたので、持ち込まなかったことをすごく後悔。

やっぱり長時間フライトで機内食も食べずに過ごすのはきつい。

ちなみに食べれない理由は、独特のにおいが一番の理由。

あと美味しくないから(笑)

ま、食べろと言われたら食べれるんですけどね(笑)


同じ理由でおねえも手をつけず。

ママだけは結構美味しいよーともぐもぐ食べてました。


とりあえずビールをもらい寝モードにいきたかったけど、ただ酔っ払っただけ(笑)

なんで空の上って酔いが早いんだろー。

ちなみにデルタと統合したからか無料でした。


寝れなかったからか、とてつもなく長く感じた8時間。

そして、体勢が素晴らしく窮屈なエコノミーで、着く頃にはげんなり度がスペシャルMAXに達しておりました。

ラスベガス 出発編②

長い長~い乗継地獄(笑)
成田編です。



シアトル行きの便は15時過ぎだったので、ここで2時間の待ち。

成田はまだJALがラスベガス直行便を出してた頃に、利用したことはありますが、その時は第二ターミナルだったからか、昔だったからか、何にもなーいって思った記憶が…。

でも、ここ第一ターミナルはお店もいっぱいあって満足でしたが、広いために遠いってゆー…。

使い慣れている関空の方が個人的には好きかな。

ちょうどお昼だったので、まずはランチ。

どこにどんな食べ物屋さんがあるかわからないので、近くにあったうどん屋さんらしきとこに行ってみたところ…
うどんがUDONとゆーお洒落のものに変身していて(ただの英語表記とも(笑))、なんとお値段¥1400!

もちろん、すごすごと帰っていきました(笑)

まー、マクドでいっかーって事になり、マクドランチを満喫(笑)


ちょうどママが、スタバの株主チケを持ってたので、食後のコーヒーを飲みに。

これがスペシャルに遠くて(笑)
まさにスタバを探して三千里くらいの勢いでした(笑)

食後にコーヒーと言いながら、カプチーノしか飲めないので、カプチーノ、キャラメルラテ、本日のコーヒーを全て特大サイズで。



途中本屋に寄って、機内用の小説、雑誌、パズルをゲット。

その道中でともみ達がスタバを持ってるのをみて、外人さんがどこにあるの?と質問。

外人さんってスタバ好きだよね。

おねえがあっちと指差して答えたんだけど、すぐそこみたいな感じだったので、めっちゃ遠いよって付け加えて案内終了。

ともみ姉妹の適当な案内で無事にたどり着けたのか結構心配(笑)
もっと親切に教えてあげたらよかったかな。。


そして、そうこうしてる間に、関空を飛び立ってから4時間程経過してるのですが、また日本にいるともみ一家でした(笑)

ラスベガス 出発編①

ラスベガス出発編です。
またまた画像もなく、申し訳ないのですが…。
パソコンを常に持ち歩いてないので、携帯からさくさく投稿できるのはいいかも(笑)



11月17日、関西は11月とは思えない寒さ…。
そして雨まで降っちゃってます。

凍える中(とゆってもバスに乗ってただけなんだけど(笑))朝9時に関空に無事到着。

成田までのフライトとゆっても、国際線扱いなので、基本2時間前には到着しとかないとね。

ツアーではないので、ある程度ゆっくりでもよかったとは思うんだけど、何があるかはわからないので…。


その後ノースのカウンターでサクッとチェックイン。

出国手続きをする前に、JCBプラザに立ち寄ってウェットティッシュをゲット。
ウェットティッシュって何かと便利なんですよね。

11月のど平日だから、すきすきかなあって思ってたら、荷物検査は結構な人。

不景気といいながらも、海外に行く人は結構多いもんだなあって思っちゃいました。

免税店でイトコに頼まれてた化粧品を買ったら、しばし、パソコンスペースで最終メールチェック。

おねえはラウンジに行くといい、ママはぷらぷら。

みなさん、かなり思いのままに行動し、いきなりの別行動(笑)

そんなこんなで、搭乗アナウンスが流れてるので、みんなを呼び集めますが、おねえの携帯をいくら鳴らしてもとらない…。

さすがに最後の一組な勢いだったので、ラウンジに連絡してもらって呼び出し中に、のこのこ歩いてやってきました(笑)
危機感ゼロ。


飛行機に無事に乗っていざ出発。

ここから20時間を超える乗継地獄のはじまりはじまり~(笑)


なんかこの関空→成田便は、いつもの国内線の伊丹→羽田便の倍ぐらいかかってんじゃないかと思うくらい時間がかかってた…。

てか、着陸してから30分くらい滑走路にいました?ってゆー陸の長さ(笑)

そして飛んでる間はとゆーと、本日は揺れが激しいので、ドリンクサービスはなしだそうです。
ガーン(泣)

こーゆー時のためにパックジュースとか乗せてほしいな。


そして、13時前に成田に無事到着~。
人気ブログランキングへ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード